他にも債務がある人がお金を借りる

苦しい返済を一本化!『おまとめローン』ならこれ>>

借金があるけどお金を借りたい

現在借金を返済中で、順調に減ってはきているのだけれど、また追加でお金を借りるのは可能なのでしょうか。急に入用があって、お金を借りなければならないということは誰もがあるでしょう。しかし、借金がある人にさらに貸してくれるものなのでしょうか。消費者金融などの貸金業の場合は、総量規制というものがあって、年収の三分の一以上の借入はできないと決まっているので、借金の残高と、今回借りたいお金を足して年収の三分の一を超えるようならお金を借りることはできません。昔は総量規制がなかったので、どんどん貸してしまっていたので、多重債務となり返済不能で破産という悲惨な目に合う人がたくさんいました。それを何とか無くそうと、総量規制が導入されたのです。返済が進み、残高が減ってきたら年収との兼ね合いで借りることは可能になります。

銀行カードローンなら借りられる?

銀行のカードローンは、総量規制の対象外なので、極端な話いくらでも借入することができます。しかし、他社に借入がある場合、その残高と返済能力を照らし合わせ、大丈夫ということであれば借りられる可能性があります。他社にあるといっても、数社にわたるものや、1度でも支払いに遅延があったりすると審査は通らず借入することはできません。安定した収入があると言っても、アルバイトだと正社員に比べて金融機関による信用度は低いです。ですから他社の借金の残高があと数回支払ったら完済である、支払いを遅延したことがない、といった実績があれば借りられるかもしれません。
オススメのカードローンはこちら>>

借りたものは返さなければならない

キャッシング等を申し込んだ時、限度額が決められます。これは人によって違うのですが、例えば100万円の限度額をもらった場合は、その限度内なら何度でも借入はできます。便利な制度なのですが、借入を繰り返してしまいがちなので気をつけてください。他社でも同じことをしていると、数社合わせての借入が多くなってしまいます。他社にいくつか借入があるなら、それを完済してからか、またはあと数回で完済というところまで減らし、それから新たに借入をすべきです。ATMでキャッシングをすると、自分のお金と勘違いしてしまいますが、借りているものです。必ず返済しなければならないものだと自覚し、返済計画を立てて借りなければいけません。どの会社も返済日が決まっています。その日に確実に返せるよう、計画的に利用するようにしましょう。 ▶お金を借りる