土地や建物を担保にお金を借りる

不動産を担保にしてお金を借りる

キャッシングやカードローンは、通常無担保で融資が行われています。しかし大きな金額を借りたい時に、不動産を担保にしてお金を借りる方法もあります。不動産担保ローンは、個人でも法人でも申し込み可能で、使いみちは自由となっています。担保になる不動産によって、融資額は数百万円から数億円まで対応します。不動産を担保にするので、金利は無担保のものより低めに設定されています。もし返済が不能になっても、不動産を売却すれば債権が回収できるので金利は低めにしているのです。不動産担保ローンは、主に銀行や信販会社、一部の消費者金融で申し込めますが、不動産担保ローンの専門会社もあるので、調べてみると良いでしょう。

担保と融資額の関係

担保にできる不動産は、所有者の同意が得られた土地や建物が対象になります。マンションの部屋でも担保にするのはOKです。担保の評価額の7割くらいが融資額となっているようです。例えば評価額が1000万円だったら、700万円くらいが融資額となります。ただし、その担保の物件(建物)がかなり老朽化していたらその不動産の評価額から建物の取り壊し費用が差し引かれます。また、不動産の価格は変動しますから担保にしたものの価値が下落する可能性があります。そんな場合は追加担保が要求されるのかというと、そうとは限りません。返済を遅延せずにきちんとしている場合は、追加担保を要求されることはありません。

担保を付けるにあたって注意すること

このように、不動産を持っていたらそれを担保にしてお金を借りることができますが、もし返済できなくなった場合は、その担保を売却して返済に充てることになります。担保を売却しても借金が返済できなかったら、不足分は支払わなければなりません。当然、その不動産は失うことになります。このようなことにならないように、返済計画をしっかり立てなければいけません。大きな金額を低い金利で借りられる良いものですが、返済できなくなったらすべてを失うことになりますから注意しなければなりません。また、借入条件などは不動産担保ローンの取り扱いをする金融機関によって違いますので、比較して決めるようにしましょう。不動産担保ローンの比較ができるサイトがありますので、これらを参考にして探すようにしましょう。返済シミュレーションができるものもありますので、自分が返済していくイメージがわきやすいです。

【今すぐお金を借りる】賢い人の選び方〜最適な金融会社をご案内TOP〜