ノーローンでお金を借りる方法


ノーローンは、新生銀行グループの申請パーソナルローン株式会社が運営している【消費者金融】です。

色々とご案内する前に、どうしてもお伝えしたいことがあります。それは、消費者金融はノーローン以外では、プロミス、アイフル、モビット、アコムがあり、どこも審査のスピードが早く、最短で即日融資も可能です。
ただし、総量規制という法律があり、消費者金融は総量規制の対象であるため、借り入れの合計金額が年収の3分の1以上の借り入れができません。

もし現時点で他社のカードローンを利用していて、総量規制に引っ掛かるのであれば、ノーローンや他の消費者金融では審査に通りませんので、この点だけご理解ください。

銀行であれば総量規制の対象外となるため、年収の3分の1以上の借り入れが可能です。新生銀行カードローン レイクやその他の総量規制対象外の銀行系カードローンをご検討ください。

以上を踏まえ、ノーローンでの借り入れを希望する方は、まずは申し込みを行いましょう!インターネットからの申し込みが審査もスムーズでおすすめです。下の赤いボタンや、ノーローンの画像をクリックするとノーローンの公式サイトに移動します。こちらからお申込みください。

ノーローンのお申込みはこちら!

ノーローン
何度でも1週間無利息!
実質年率
4.9~18.0%
限度額
300万円
審査時間
最短即日
運営会社
新生銀行グループ
新生パーソナルローン株式会社
その他
何度でも1週間無利息!

公式サイトへ

ノーローンのメリット徹底解説☆

ノーローンには、私たちユーザーにとって嬉しいメリットをいくつも用意してくれています。ここではそれをご紹介し、1つ1つ解説していきます。 ノーローンのメリット

なんどでも利用できる1週間無利息がある

ノーローンには、なんどでも利用できる1週間無利息のサービスがあります。30日間無利息と比較すると物足りなさを感じるかもしれませんが、「なんどでも利用できる」という点に特徴があります。 「給料日前の1週間だけお金を借りたい。」という状況なら、ノーローンの1週間無利息で負担を最小限におさえられます。ここで、「なんどでも利用できる」というのは、ローンを完済した翌月以降の借入れで「再び1週間無利息になる」という意味です。1週間無利息の適用回数に制限はありませんので、短期間の借入れなら実質的な金利負担が非常に少なくなります。

安心の銀行系カードローン

ノーローンは、新生銀行グループの消費者金融になりますので、いわゆる「銀行系カードローン」になります。 純粋な消費者金融(中小の消費者金融)と比べると、利用する上での「安心感」に大きな違いがあります。消費者金融を取り締まる貸金業法などのルールを守っているのはもちろん、金利や貸付・返済などにおいても、合法的なサービスが受けられます。 ただし、銀行のカードローンとは異なりますので、総量規制の影響がある点にだけ注意してください。ノーローンから借入れできるのは、年収の3分の1が上限となりますので、高額融資を必要としている場合は、新生銀行のレイクなどを選んでください。

50万円までの希望額なら収入証明書は不要

ノーローンは高額融資に向かないと説明しましたが、希望額が50万円までなら「収入証明書なし」で申し込めます(借入総額が100万円以下の場合)。お金を借りるにあたって「時間がない」ということが多くありますが、ノーローンなら本人確認書類※だけでの申込みが可能です。カードローン審査の最短20分で終了しますので、今すぐに申込んで1時間以内にお金を受取ることも不可能ではありません。 ※運転免許証のこと。運転免許証を持っていない場合は、パスポートまたは個人番号カード、住基カード、健康保険証、住民票等を用意します。

利用できる提携ATMが豊富

ノーローンのカードは、全国のコンビニATM、銀行のATMと提携しています。提携ATMが豊富にありますので、お金を借りるとき・返済するときに不便に感じることはありません。「近くのコンビニでお金が借りれる!」というのが、ノーローンの最大のメリットではないでしょうか。
提携ATM 取扱時間帯
セブン銀行 0:10~23:50
イオン銀行 0:20~23:40
イーネット 7:00~23:40
ローソンATM 7:00~23:00
セゾンカード 7:00~23:50<br />※第3日曜日は20:00まで
新生銀行ATM 0:10~23:50
レイクATM 7:30~23:30

返済期日を自分で選べる

ノーローンの返済期日は、自分の都合に合わせて選ぶことができます。給料日の当日、あるいは、給料日の翌日あたりに返済期日を決めておくと、「返済するお金がない」ということもなくなります。カードローンを選ぶ際は、「返済期日が自分の生活に合っているか?」を確認することが重要です。 返済期日をいつにするかが自由、というのがノーローンの大きなメリットになります。ただし、自動引落で返済をするときは、引き落とし日が毎月6日(または26日)になる点に注意してください。

最少返済額が少なめに設定されている

ノーローンの返済額は、「借入直後の残高」に応じて金額が決まります。ローンの限度額が30万円以下、30万円超~100万円、100万円超により異なりますが、「最初返済額が少ない」点に特徴があります。お金に余裕がないときは少ない金額を入金し、臨時収入が入ったときに多めに返済することも可能です。

限度額が30万円以下の最少返済額

借入後残高 最少返済額
10万円以下 4000
10万円超~20万円 8000
20万円超~30万円 12000
※限度額が30万円超~100万円の最少返済額
借入後残高 最少返済額
10万円以下 3000
10万円超~20万円 6000
20万円超~30万円 9000
30万円超~40万円 12000
40万円超~50万円 15000

即日融資も可能な審査時間

ノーローンの魅力は、やはり、即日融資ができるという点にあると思います。カードローンの審査が最短20分で終了しますが、このスピードは、消費者金融のなかでも一番早いと思われます。 審査結果の回答の連絡が9:00~20:30(年末年始を除く)で行われていますので、20:00くらいの申込みでも即日融資となることがあります。さらに、審査の状況をホームページで確認できますので、審査結果を待っている間のストレスもありません。 急いでお金を借りたいときは消費者金融を選びますが、非常に急いでいる場合は、ノーローンを選んでみてはいかがでしょうか。

ノーローンの借り方の手順

スマホ・パソコンでの借り方 スマートフォンやパソコンを使った借入方法は、振込キャッシングと呼ばれるものです。ノーローンのホームページにログインしたら、あとは、必要な金額を入力して「振込手続き」をすれば、すぐにノーローンから自分の口座に振り込むための処理が行われます。 楽天銀行の口座への振り込みなら、24時間いつでも瞬時に振込が完了します。楽天銀行以外の金融機関への振込の場合は、平日の13時までに手続きを完了することで、即日の振込キャッシングが実現できます。
手続完了時刻 振込の目安
平日の0:00~10:00 当日11:00頃までに振込完了
平日の10:00~13:00 当日14:30頃までに振込完了
平日の13:00~24:00 翌営業日11:00頃までに振込完了
テレホン・キャッシングによる借り方 パソコンやスマートフォンの利用が困難な場合は、ノーローンの「お問い合わせダイヤル(フリーダイヤル)」に電話をかけて、振込依頼をすることが可能です。テレホン・キャッシングというと難しく感じてしまいますが、パソコンやスマートフォンでの操作をノーローンのスタッフに代わりにしてもらう感じです。 面倒な入力やログインもしなくていいので、シルバー世代でも快適にノーローンが利用できます。 提携ATMでの借り方 ノーローンと提携している「コンビニATM」「スーパーのATM」に行けば、ローンカードを使った借入れができます。使い方は、銀行のキャッシュカードと同じで
  • ノーローンのカードをATMに挿入
  • 暗証番号の入力
  • 借入れする金額を入力
として、最後にボタンをクリックするだけで、その場でお金が受け取れます。 ノーローンと提携しているATMの利用に手数料がかかりますが、「近くのコンビニで借りれる」というのが便利ですね。
借入れ・返済の金額 提携ATMの利用手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

ノーローンの返済方法

ノーローンの返済方法について

ノーローンの返済方法には、インターネット(Web返済)、ATM(レイクATM、提携ATM)、口座振替(自動引落)、銀行振込の4つの返済方法があります。 銀行振込による返済を選ぶ人は少ないですが、「最後の返済(完済時)」で利用することがあります。セブンイレブンなどのコンビニATMでは、一部のATMを除いて「1000円単位」の取引しかできません。最後の返済時に1000円未満の「端数」が生じたときは、小銭の扱えるATMを探すか、銀行振込を選ぶことになります。

ノーローンの返済日

上でも少し説明しましたが、ノーローンの返済日は、自分の都合に合わせて好きな日を選べます。 ただし、口座振替による返済のときだけは、「毎月6日もしくは毎月26日の希望する日」がカードローンの返済日になります。できるだけ「給料日の直後」になるように選んでおけば、ノーローンの返済日にお金がないという心配もありません。

ノーローンの返済額について

ノーローンの30万円までの返済額は、次のとおりとなります。
借入後残高 最少返済額
10万円以下 4000
10万円超~20万円 8000
20万円超~30万円 12000
返済額で注意しなければならないのは、「返済する金額」ではないという点です。カードローンは、すべて同じですが、返済額というときは、「返済額=最少返済額(最低限、支払う義務がある金額)」のことです。 最少返済額だけを返済することもできますが、返済期間が長くなる場合があるので注意するようにしてください。 ※10万円借入れした場合の返済額と利息の関係
返済額 返済期間 返済額合計 利息額合計
4000 32ヶ月 126,260 26,260
5000 24ヶ月 119,772 19,772
6000 20ヶ月 115,930 15,930
7000 17ヶ月 113,384 13,384
8000 14ヶ月 111,565 11,565
9000 13ヶ月 110,218 10,218
ノーローンの全額返済、繰り上げ返済について ノーローンの返済額は、自由に決めることができますので、繰り上げ返済は「いつでも可能」です。事前にノーローンに連絡する必要もなく、多めに入金すれば、それで繰り上げ返済になります。 一方、全額返済については、ノーローンに事前に連絡する必要があります。カードローンの金利は、1日単位で計算していますので、返済する日によって入金額が異なるためです。ノーローンのお問い合わせダイヤルに電話をすれば、オペレーターが全額返済の対応を教えてくれます。 ノーローンの返済における注意点とは? ノーローンの返済における注意点は
  • 1.返済額を多めにして計画すること
  • 2.提携ATMの利用に手数料が発生していること
  • 3.口座振替の場合に記帳される情報について
の3つになります。 まず、ノーローンには「1週間無利息」がありますが、返済額を少なくしすぎると、その効果が薄れます。毎月の返済額を多めに計画し、短期間で完済するのが上手な借入方法です。 また、ノーローンのATM(レイクATM)以外のATMでの返済時には、手数料が発生する点も注意が必要です。1万円以下の返済で108円、1万円超の返済で216円の手数料がかかりますので、やはり、返済期間が短いほうがお得です。 最後に、ノーローンのサイトでは、口座振替の場合の「振込名義人」についての情報が記載されていません。口座振替での返済を予定し、家族にノーローンの利用を隠している方は、事前に「振込名義人がノーローンになるのか?」を確認しておくと安心です。

このページのまとめ

ノーローンが向いているのは、アルバイトやパートなどのお仕事をされている方で、「短期間の返済」を計画している方です。このような方の利用なら
  • 1週間無利息の効果が大きい
  • 消費者金融の金利でも負担が少ない
  • すぐに借入れできる
というメリットがあります。 逆に、ノーローンの利用ができない人というのは
  • 無職の方
  • 専業主婦
  • 未成年の学生など
になります。 ノーローンは、貸金業法の規制を受けていますので、借入れできるのは、最高でも年収の3分の1までです。希望額が50万円を超えると収入証明書も必要になりますので、50万円以下で、なるべく少ない希望額で申し込むのが良いと思います。

ノーローンを利用している人の口コミ

ノーローンはコンビニで返済できるのが便利です! カードローンの利用は初めてでしたが、コンビニで借りたり返済したりできるのが便利ですね。いつも自宅や職場近くのファミリーマートで返済していますが、朝でも夜でも返せるのが良いです。これが、銀行振込で返済となると・・・さすがに面倒だな~と思ってしまいます。 今まで、ノーローンを延滞せずに返済できているのも、コンビニで返済できるおかげかな・・・と思ってます! 毎月の返済額が少ないので助かります! ノーローンから20万円をキャッシングして返済していますが、毎月の返済額が6000円で済むのが嬉しいですね!生活費に余裕がない私としては、できるだけ少ない金額の返済額なのはありがたいことです。ボーナスが入るまでは、少ない返済額でやり繰りして、ボーナス支給時に少し多めに返済する感じでノーローンの返済をしています。 あと、これまでに1回だけ1日、返済に遅れたことがありましたが、ノーローンに事前に連絡しておいたので大丈夫でしたよ!連絡なしの延滞は知りませんが、信用情報機関のデータ(シーアイシーと日本信用情報機構)を取り寄せてみましたが、延滞の記録は付いてなかったです! カードローンの利息の負担なしで利用してます! 旦那に内緒でノーローンを利用させていただいてます。ノーローンの利用目的は、給料日前のちょっとした家計のやり繰りのためですが、1週間無利息があるのが良いですね。いつも、給料日の5日~10日前に3万円~5万円を借りて、給料日に清算するような使い方をしてます。なので、いつも1週間無利息が適用されているみたいなので、ほとんど金利を払っていないのではないでしょうか。 なんとなくノーローンには申し訳ない使い方ですが、私にとっては、本当に得になるサービスだと思います。
ノーローン
何度でも1週間無利息!
実質年率
4.9~18.0%
限度額
300万円
審査時間
最短即日
運営会社
新生銀行グループ
新生パーソナルローン株式会社
その他
何度でも1週間無利息!

公式サイトへ

ノーローンに関連する記事一覧

審査内容
審査の特徴と注意点についての十分な理解があれば、審査前の不安も解消できるからです。次のページでは、ノーローンの審査を乗り越えるための情報を【完全版】としてまとめました。[続きを読む]