プロミスでお金を借りる方法

CMでお馴染みの、キャッシング・カードローン『プロミス』は、三井住友銀行グループです。このページでは、プロミスでキャッシングを検討中の方に、プロミスに関するより詳しい情報をお伝えしていきます。

プロミス
カードレス+時間のない
WEB完結でスマホで簡単申し込み♪
実質年率
4.5~17.8%
限度額
500万円
審査時間
最短即日融資も可能!
その他
30日間【無利息で】借りれる!
※メールアドレスの登録とWeb明細登録が必要です。

公式サイトへ


プロミスについての詳しいまとめ

このページの目次
以下の水色の字をクリックして、気になる記事に移動することもできます。

プロミスの特徴について
30日間無利息サービスについて
“瞬フリ”サービスについて

プロミスの特徴について

プロミスは、以下の5つの点で特に優れたカードローンです。

即日融資も可能なスピード審査
30日間無利息サービスでお得に利用
瞬フリ利用で最短10秒振込
カードレスでセキュリティも万全  
  ※プロミスはカードありか、なしかを選べます。

自動契約機で土日でも借りれる

プロミス
カードレス+時間のない
WEB完結でスマホで簡単申し込み♪
実質年率
4.5~17.8%
限度額
500万円
審査時間
最短即日融資も可能!
その他
30日間【無利息で】借りれる!
※メールアドレスの登録とWeb明細登録が必要です。

公式サイトへ


30日間無利息サービスについて(利用条件)

プロミスでは、はじめてプロミスでキャッシングする方に向けてお得なサービスがあります。 そのサービスとは最短30分の審査回答が可能なのはもちろんのこと、プロミスをはじめて利用する方を対象に、30日間無利息となる「30日間無利息サービス」を行っています。 ただしこの「30日間無利息サービス」を利用するには、2つの条件があるので注意が必要です。
※無利息キャッシングの利用条件
①Eメールアドレスに登録
②Web明細を利用
Eメールアドレスに登録するには、プロミスの公式サイトから新規で借入の申込みをする際、必ずEメールアドレスを登録するような画面が出てきますので特に難しい点はありません。 なお、登録するメールアドレスはパソコン用のメアドでも、スマホ用のメアド、どちらでも大丈夫です。

メールアドレス登録の画像


そして次のウェブ明細は、プロミス会員サービスの登録内容変更メニューから「書面受取方法登録・変更」ボタンをクリックし、「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択することでWeb明細への登録が完了します。

プロミスのWEB明細に設定する


事前にメールアドレスの登録が必要となるため、先ずは①のEメールアドレスに登録するところから始めます。

例え、申込時にウェブ明細にしていなかった場合でも、プロミスとの契約が完了した際にいつでもプロミス会員サービスの「登録内容変更メニュー」からWeb明細へ変更することは可能です。 なお、このWeb明細は「30日間無利息サービス」を利用できる他にも申込者にとって多くのメリットがあります。

提携ATMで借入や返済をした場合、もしも書面の受取方法がWeb明細でなければ、自宅に利用明細書が届きますが、実はこれがキャッシングしていることを隠したい人にとっては致命的になります。 もしも家族に知られたくない場合や内緒にしておきたい時など、自分が不在にしててその間にプロミスから郵便物が届いてしまったらそれだけでバレる危険性は高くなるので、WEB明細にしておくとよいでしょう!

プロミス
カードレス+時間のない
WEB完結でスマホで簡単申し込み♪
実質年率
4.5~17.8%
限度額
500万円
審査時間
最短即日融資も可能!
その他
30日間【無利息で】借りれる!
※メールアドレスの登録とWeb明細登録が必要です。

公式サイトへ


30日間無利息サービス(内容)

プロミスでは、この無利息サービスは「初回利用日の翌日から30日間が無利息適用期間」となります。 「初回利用日の翌日から」30日を過ぎるまでは無利息で利用できます。

通常は契約が完了した日の翌日から数えて○日間まで適用される消費者金融が多い中、プロミスは契約日翌日から数えてくれるため、余裕を持ちながら返済可能な日にちから逆算してその日を借入日とすることができます。ちなみにプロミスと他社の無利息サービスを比較してみた結果は次のようになりました。

 
消費者金融名 無利息期間 起算日利用条件
プロミス 30日間 初回借入日の翌日 初めての利用・Eメールアドレス登録・Web明細利用
ノーローン 7日間 借入日の翌日 初めての利用
アイフル 30日間 契約日の翌日 初めての利用
アコム 30日間 契約日の翌日 初めての利用・返済期日「35日ごと」選択
新生銀行レイク 30日間/180日間 契約日の翌日 初めての利用・180日間:5万円以内

プロミスと同じ「借入日の翌日」から無利息サービスが適用されるところは、他に「ノーローン」があることが分かります。 アイフル、アコム、新生銀行 レイクも全て「契約日の翌日」から適用とされています。 このことから、もしも無利息サービスを利用する予定があるのであれば、プロミスを利用した方が心にも余裕を持ちながら無駄なく最大限無利息サービスを利用できるのではないでしょうか。

瞬フリ利用で最短10秒振込

プロミスには「瞬フリ」というプロミス独自のサービスがあります。 この「瞬フリ」というのは一言で言えば振り込みキャッシングのことですが、次のいずれかの銀行口座を持っていれば、土日祝日でも、夜間問わず24時間いつでも振り込みキャッシングが可能になります。

※次の口座があれば土日祝日でも24時間いつでもキャッシング可能!
三井住友銀行
ジャパンネット銀行

プロミス
カードレス+時間のない
WEB完結でスマホで簡単申し込み♪
実質年率
4.5~17.8%
限度額
500万円
審査時間
最短即日融資も可能!
その他
30日間【無利息で】借りれる!
※メールアドレスの登録とWeb明細登録が必要です。

公式サイトへ


プロミスの申込方法

インターネット(WEB)から申込み

消費者金融では申し込む時間によっては即日融資が可能なのが魅力です。たいていのところでは、平日の午前中に契約が完了すれば、その日に融資してもらえます。プロミスでもそういった方法がありますので、すぐにお金を借りるならおすすめです。最近は、インターネットやスマートフォンが普及していますので、それを使えば申し込みから契約まで簡単にできます。また、店頭や自動契約機に行く必要がないので、行きたくない人はWeb契約が便利です。

申し込みから契約までの流れ

プロミスでお金を借りる際の一連の流れは、まず申し込みをしたら審査に入ります。審査がOKとなれば契約手続きをし、契約が完了すれば融資開始となります。申し込みをしてから最短30分ほどで審査が終わり、結果がメールで知らされます。審査に通過すればあとは契約なのですが、その際には身分証明書(運転免許証やパスポート)と収入証明書が必要となります。携帯カメラで証明書を写真で撮り、それをメールで送付すればOKです。(運転免許証やパスポートがない場合には、健康保険証と住民票などの提出が必要となります。)収入証明書については、借入額によって必要となります。借入額が大きくなると必要と言われることがあります。(一般的には50万円を超える融資の場合には収入証明書が必要です。

契約した後の流れ

契約が完了すれば、その日からキャッシングが可能です。Web申し込みなら、Webから借入予約をします。たとえば10万円希望ならその金額を入力すれば、自分の銀行口座に10万円が振り込まれるしくみです。通常、午前中に契約が完了すれば即日融資が可能となっています。午後になると【原則】翌日融資となります(即日で融資できない場合もある)ので、すぐに融資を希望するなら、早めに申し込みをするようにしましょう。キャッシングで使えるカードが、後日郵送されてくるので、今後はそのカードを使って自動契約機や提携のATMなどからキャッシングができるようになります。もし、自宅にカードが送られてくると家族にばれるのでいやだという人は、店頭や自動契約機で申し込むといいでしょう。

プロミス
カードレス+時間のない
WEB完結でスマホで簡単申し込み♪
実質年率
4.5~17.8%
限度額
500万円
審査時間
最短即日融資も可能!
その他
30日間【無利息で】借りれる!
※メールアドレスの登録とWeb明細登録が必要です。

公式サイトへ


プロミスでバレずに借りる方法
プロミスでバレずに借りる方法について詳しく解説しています。家族や会社など、プロミスの特徴の1つであるWEB簡潔を利用してバレずに借りれる方法をレクチャーしています。詳細が気にある方はこちらから→[続きを読む]
プロミスのデメリット
借入する方によっては、プロミスではなく他のカードローンを利用した方がいい場合もあります。プロミスのデメリットやメリットを知ってから判斷しましょう。詳しくはこちら→[続きを読む]


今すぐ借りたい
バレずに借りたい
無利息で借りる方法
今すぐ借りたい

詳しくはこちら>>

バレずに借りれる

詳しくはこちら>>

無利息キャッシング

詳しくはこちら>>

女性向けカードローン
銀行から借りたい
低金利で借りたい
女性でも安心

詳しくはこちら>>

銀行系で借りれる

詳しくはこちら>>

低金利キャッシング

詳しくはこちら>>

専業主婦でも借りたい
収入証明書なしで借りたい
審査に通るか不安
主婦向け特集

詳しくはこちら>>

収入証明書不要で借りれる

詳しくはこちら>>

既に借入がある方

詳しくはこちら>>