契約社員・派遣社員が借入できる銀行カードローン・消費者金融を徹底解剖!


契約社員や派遣社員でも、毎月の安定した収入があれば、問題なくカードローンに申し込めます。

銀行と消費者金融のカードローンがありますが、どちらを選ぶべきかは、「希望額が50万円を超えるかどうか?」というのが1つの目安になります。希望額が50万円以下なら、どちらも収入証明書なしで申し込めますが、50万円を超えていると、消費者金融で源泉徴収票が必要になるからです。

なお、このページでは、お金を借りるにあたって理解しておくべき、
キャッシングを利用する際の注意点
審査に通りやすくするポイント、注意点
借入額可能額の目安
審査に通った人と通らなかった人の口コミ
なども紹介していますので、審査に申し込む前に確認しておくようにしてください。

目次
以下の水色の字をクリックして、気になる記事に移動することもできます。

契約社員・派遣社員がキャッシング審査を受ける場合、注意することとは?
契約社員・派遣社員が審査に通りやすくするポイント
いくらまでなら借入できる??契約社員・派遣社員のキャッシング
契約社員・派遣社員が審査に通った人と通らなかった人の口コミ
このページのまとめ


契約社員・派遣社員がキャッシング審査を受ける場合、注意することとは?

年収・勤続年数の目安について

年収、勤続年数は、いまからどうすることもできない属性になりますが、多い(長い)にこしたことはありません。
大手の消費者金融、銀行カードローンに申し込む場合は、少なくとも1年以上の勤続年数と200万円以上の年収が必要だと考えられています。この基準を下回る場合でも審査にとおることはありますが、必要最小限の希望額で申込みをするほうが良いと思います。

借入額と返済期間について

カードローンの申し込みでは、必要最小限の借入額を希望し、利用目的と矛盾がないようにすることが重要です。
たとえば、「冠婚葬祭」を目的としているにも関わらず、希望額が30万円というのは、あまりにも不自然です。冠婚葬祭が目的なら3万円~5万円程度、自動車の車検費用のためなら20万円程度、というように、不自然ではない希望額と利用目的について考えておくようにしてください。

また、カードローンの返済期間は、返済額を多くするほど短くなります。カードローンの返済額は、あくまでも最少返済額(最低限、入金しなければならない金額)です。最少返済額だけの入金を続けると、金利負担が大幅に増え、返済期間が長くなる点に注意するようにしてください。

他社の借入状況

大手の消費者金融、銀行カードローンに申し込む場合は、「他社借入れがない」というのが前提です。他社借入があるから審査にとおらない、ということはありませんが、「返済のための借入れ」と思われる可能性があります。
カードローンの審査は、2社目以降が非常に厳しくなりますので、すでに借り入れしている場合は、限度額の増額も含めて、検討するようにしましょう。

契約社員・派遣社員が審査に通りやすくするポイント

勤務先は派遣元の会社で申し込む

まず、派遣社員の方がカードローンに申し込む場合は、必ず「派遣元」の会社の情報で申込みをしてください。「派遣先」でお仕事をしていると思いますが、在籍しているのは「派遣元」で、「派遣先」は、はたらいているだけです。
なお、派遣元が審査の在籍確認に対応してくれない・・・という場合は、事前にカードローン会社のオペレーターに電話で相談するようにしてください。

審査のウソは必ずバレる!

カードローン審査で気をつけたいのは、審査項目のウソをつかないことです。審査項目のウソは、ほぼ間違いなくバレていますので、ウソが審査落ちの原因になってしまう、というのが理由です。
他社借入残高や借入件数を正直に伝えるのはもちろん、勤務年数や居住年数なども、正直にカードローン会社に伝えるようにしてください。

収入証明書なしで申し込めるカードローンを選択!

カードローン選びで迷っている場合は、まずは、「収入証明書なし」で申し込めるカードローンを選んでみてはいかがでしょうか。
消費者金融では、貸金業法の規制によって、

 1.希望する金額が50万円を超えているとき
 2.他の消費者金融、クレジットカードのキャッシング残高との合計が100万円超になるとき


の2つの場合に収入証明書類を提出することになっています。

書類の用意がすぐにできる場合は別ですが、用意に時間がかかりそうなときは、書類不要で申し込める銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

いくらまでなら借入できる??契約社員・派遣社員のキャッシング

消費者金融の総量規制について

カードローンの総量規制というのは、貸金業法という法律にある仕組みの1つのことです。貸金業法が規制する「貸金業者」による過剰な貸付けを防止する目的で貸し付けの上限額を原則、年収の3分の1までにする、というものです。
総量規制は、少し難しいと感じるかもしれませんが、
  • 貸金業者
  • 年収の3分の1の範囲
が分かれば理解できます。

まず、貸金業者というのは、いわゆるノンバンクのことです。銀行以外の消費者金融会社、クレジットカード会社、信販会社、保証会社などが貸金業者になります。
また、年収の3分の1の範囲は、「貸金業者からの借入合計」のことです。消費者金融やクレジットカードのキャッシングの残高の合計が年収の3分の1を超えてはいけない、というのが総量規制です。

なお、銀行カードローンの残高、クレジットカードのショッピング残高、自動車ローンなどは、年収の3分の1の計算に含まれていませんので、間違えないように気を付けてください。

銀行カードローンは総量規制対象外!

年収の3分の1超の借入れが必要な派遣社員・契約社員の方は、総量規制対象外の「銀行カードローン」を選ぶことになります。銀行は、貸金業法の規制を受けていませんので、審査によって、年収の3分の1を超える限度額が認められることもあります。
絶対に高額融資ができるというわけではありませんが、消費者金融よりも高額融資が見込めるのは、確かではないでしょうか。

返済可能な金額からカードローンの希望額を決める!

カードローンの審査は、審査の担当者が「約束どおりに返済できるか?」ということを確認する手続きです。約束どおりの返済ができるかどうかは、「毎月の返済額」に無理がないかを確認すれば分かります。
毎月1万円しか返済できないのに、毎月3万円の返済が必要な高額を希望しても、審査に落ちるだけです。

まずは、自分の収入と毎月の支出を紙に書き出し、「毎月、いくらまでならカードローンの返済に充てられるのか?」を確認してみてください。 もちろん、返済に充てられる金額(全額)となる返済プランは、非常に危険です。返済に充てられる金額の半分~3分の1を目安に、返済計画を考えるのがおすすめです。

契約社員・派遣社員が審査に通った人と通らなかった人の口コミ

派遣社員でもアコムから借りれました!

年収200万円くらいの派遣社員をしています。希望額は30万円でしたが、希望どおりの金額をアコムに認めてもらうことができました。
審査を受けてみて、「やっぱりアコムは早いなぁ~。」というのが強く印象に残りました。スマートフォンで申込みをしてから30分くらいでしょうか、アコムから携帯に電話があり、「希望どおりの限度額30万円の融資が決まりました。」とお知らせしてくれました。

カードローンの金利はやや高めかもしれませんが、無利息サービスもあるので、お得な方だと思っています。実際に借入れと返済もしてみましたが、近所のコンビニATMが使えるのが便利ですね。お金を借りる前は不安でいっぱいでしたが、思い切ってカードローンに申込んでみて良かったと思います。

借入金額 : 10万円
借入先 : 消費者金融・アコム
スピード:4 金利:4 安心感:4 審査:5 返済:5

家賃の5万円をレイクから借りました!

勤続年数1年の契約社員のシングルマザーです。
自分なりに家計を切り詰めていたつもりですが、突発的な出費が重なり、とうとう家賃の支払いができない状況になってしまいました。前々から少しは借入れを考えていましたが、「ついに、そのときが来た!」という感じです。
新生銀行を選んだのは、審査が早いというのと銀行カードローンという安心感が大きかったからです。実際の審査は、翌日の結果連絡となりましたが、好きなタイミングで借入れや返済ができるようになり、安心して生活できるようになったという気がします。
それから、レイクの5万円まで180日間無利息というのを使えたので、利息の負担も気にならない程度に収まると思います。

借入金額 : 5万円
借入先 : 新生銀行カードローン・レイク
スピード:5 金利:3 安心感:5 審査:3 返済:4

消費者金融から三井住友銀行カードローンに乗り換えました!

消費者金融のモビットとプロミスから合計60万円の借入れがありましたが、今回、三井住友銀行カードローンで借換えることにしました。
三井住友銀行の最初の限度額は40万円まででしたが、そのお金でモビットの借金を返済したら、限度額が60万円に増えて、結果として借換えができたという感じです。
三井住友銀行カードローンの使い勝手ですが、消費者金融と変わりなく、コンビニATMが使えるので便利です。金利も少し低くなり、返済額も少なくできたので、これで生活に少しは余裕が出てくるのではないかな・・・と思います。
これからは、より一層、生活費を切り詰めるようにして、なるべく三井住友銀行の返済に充てようと思います。

借入金額 : 60万円
借入先 : 三井住友銀行カードローン
スピード:4 金利:4 安心感:4 審査:4 返済:5

さすがにバンクイックは厳しいですね!

三菱東京UFJ銀行のバンクイックに希望額50万円で申込みましたが、審査の結果は、限度額20万円までとのことでした。仕事をしていない専業主婦が30万円だったので、私に何か問題でもあるのかな・・・と心配になります。

バンクイックの審査についても、土日と祭日は、夕方までしかしていないみたいです。夕方に申込みをしてから結果の連絡があったのは、翌日の午前中です。
銀行カードローンという安心感は大きいと思いますが、「50万円の希望なのに20万円だけあっても・・・」という感じです。50万円で中古車を購入しようと思っていたのですが、今回は見送りにしようかと思っているところです。

借入金額 : 20万円
借入先 : 三菱東京UFJ銀行・バンクイック
スピード:3 金利:5 安心感:3 審査:2 返済:3

プロミスの審査に落ちてしまいました!

アルバイトやパートでも借りれるとのことでしたが、派遣社員をしている私は、プロミスの審査に落ちてしまいました。年収150万円くらいはあるのに、なぜ審査で落ちてしまったんだろう・・・と気になっています。

心当たりがあるといえば、携帯電話の引き落としができていないことくらいです。携帯電話の支払いと光熱費の支払いをするつもりで申込んだのですが、引き落とし不能の状態では、プロミスの審査に通らないということなのかもしれませんね。
プロミスは、30日間無利息があったりして、いいカードローンだとは思いますが、思ってた以上に審査が厳しいように思われます。明後日には、給料が入るので、それで携帯電話の料金などを支払うしかないみたいですね。。。

借入金額 : 0万円
借入先 : 消費者金融・プロミス
スピード:3 金利:4 安心感:4 審査:1 返済:-

このページのまとめ

派遣社員や契約社員でもカードローンを利用して、お金を借りることはできます。消費者金融には、総量規制や収入証明書などの規制がありますが、利用できない場合は、銀行カードローンから選べます。
まずは、プロミスやアコムなどの消費者金融の利用ができないかを検討し、難しい場合に銀行カードローンを選ぶ、という流れでサービスを決めるのがおすすめです。

なお、カードローンでお金を借りたあとは、毎月の返済が始まることも忘れてはいけません。無理のある借入れとならないためにも、カードローン会社のサイトにある、返済シミュレーションで返済計画を考えてから申し込むようにしてください。

派遣社員・契約社員でも借りれる金融ランキング