1・3・5万円だけでもお金を借りるには

1万円お金を借りるなら

給料日前にどうしても1万円足りなくなったけれども親や友人に借りるのは嫌だという場合は、即日融資可能としている消費者金融がおすすめです。それに、消費者金融の中には、一定期間利息がかからないサービスを行っているところがあります。そういったところでお金を借りると、利息は支払わなくて良いのでお得と言えるでしょう。給料日前に1万円が足りないなら、即キャッシングを申し込んで借り、給料が入ったらすぐ返済すれば元金だけの返済で済みます。お金を借りるというと、ある程度まとまったお金と思い込んでいますが、給料日前のピンチということで、1万円くらいの少額融資もあるのです。たいていの消費者金融は、1万円から融資してくれます。中には1000円からOKというところもあるくらいです。

3万円借りるなら

友人の結婚式が続いたり、身内で冠婚葬祭が重なったりすると現金が必要になります。ご祝儀や香典は、後払いなんてできませんしカード払いもできませんのでとにかく現金を用意しなければなりません。1万円から3万円くらいのお金なら、知人や友人に貸してとお願いできそうなものですが、金銭の貸し借りはトラブルの元です。お金の貸し借りで人間関係がこじれた例はたくさんあります。それなら消費者金融のキャッシングを利用した方が良いです。消費者金融の金利は銀行と比べるとやや高めですが、少額ですぐに返済するのであれば利息の負担額はそれほど大きくありません。ほとんどの消費者金融では、申し込めばすぐに融資が受けられるので困った時には大変助かります。ただ、過去に返済が滞ったことがあったり、他社にたくさん借入があったりする場合は少額であっても借りられない恐れがあるので注意してください。

5万円借りるなら

3万円ではちょっと心細い、5万円あれば何とか乗り切れそうだという時は、消費者金融ならすぐに借りられるので便利です。友人にお願いしても貸してくれそうな額ですが、知り合い同士のお金の貸し借りはトラブルになるとこじれてしまいがちです。そんなことで人間関係がぎくしゃくしてしまうのは残念ですから、できるだけ避けたいものです。消費者金融なら、即日融資を行っているところが多く、また無利息期間を設けているところもありますのでそれを利用すれば金利の心配は要りません。ただし、無利息期間内に返済しないと金利がかかりますから気をつけましょう。一度金融会社でキャッシング専用のカードを作っておけば、ピンチになった時はコンビニのATMなどからでも借入ができますので便利です。しかし、便利だからと言って借り過ぎには注意が必要です。

お金を借りる