総量規制対象外でお金を借りる

総量規制と対象外になるもの

総量規制という制度はご存知でしょうか。個人の年収の三分の一を超える額の借入はできないというものです。これは、貸金業法で決められたものなので、貸金業者(消費者金融や信販会社、クレジットカード会社など) にこの制度が適用されます。銀行はこれに含まれませんので、銀行カードローンは総量規制対象外となります。 銀行系のカードローンはどうかというと、その会社が貸金業協会会員となっていれば貸金業ですから対象外にはなりません。総量規制に基づくなら、もし年収が300万円の人なら100万円までしか借りられません。これは、1社だけの額ではなく、複数の借入先の合計が年収の三分の一以上になってはいけないのです。しかし、すべての貸付に適用されるのではなく、除外するものや例外となるものもあります。

除外貸付と例外貸付

除外貸付というのは、住宅ローンや車のローンなどのことを言います。これらの貸付残高は、総量規制に含まれませんので対象外となります。例外貸付は、総量規制の残高に入るのですが超える部分に関しての返済能力があるか審査をし、OKとなれば貸付ができるものです。わかりやすい例は、おまとめローンが例外貸付となります。他には急を要する医療費の貸付や個人事業者に対する貸付、夫婦で合計した年収の三分の一以下の貸付などが例外として認められています。夫婦で合計した年収三分の一以下、というのは、例えば夫が年収500万円、妻が年収100万円だとすると、合計で600万円になり、200万円の借入ができるということです。これを利用すれば、収入のない専業主婦が配偶者の同意書と夫婦関係が証明できる書類を出せば夫の年収の三分の一以下の借入をすることも可能であるということになります。

総量規制はなぜできた?

そもそも総量規制は昔はありませんでした。貸金業者も高い金利でどんどんお金を貸していました。そのため、多重債務になる人が増え、返済不能となる事態がとても多くなったのです。そのため、自分の返済能力を超える貸付を抑えるために、このような規制が設けられました。消費者金融でお金を借りる時に、収入証明書が要るとか要らないとかホームページに書かれていますが、これも総量規制で決められているからです。少し複雑で難しいかもしれませんが、銀行は総量規制対象外、貸金業者は対象になり、住宅ローンや車のローンは除外と覚えておくと良いでしょう。

お金を借りる