楽天銀行カードローンのデメリットまとめ

ATM利用料がかかる

楽天銀行カードローンの借入れで提携ATMを利用すると、手数料がかかる場合があります。三菱東京UFJ銀行やりそな銀行、しんきんバンクなどで借入れすると、1万円以下の借入で108円、1万円超の借入で216円の手数料がかかってしまいます。

返済期間が長くなるほどATM手数料の負担が大きくなる、というのが楽天銀行カードローンのデメリットになります。

審査に時間がかかる

楽天銀行カードローンの審査は、最大で2営業日程度の時間がかかります。人気のあるカードローンになりますので、審査が混雑している場合も多くなります。消費者金融のような最短30分という審査ではないので、即日融資も難しいという点がデメリットになります。

専業主婦、年金受給者、学生NG

楽天銀行カードローンは、銀行のカードローンになりますので、やはり、「審査が厳しい」という部分はあります。専業主婦や学生などの申し込みは認められていますが、審査に通りにくい可能性があります。

在籍確認は電話のみ

楽天銀行カードローンの在籍確認の手続きは、「電話」のみの対応となっています。健康保険証や給与明細書などの書面に変更することはできませんので、電話連絡の対応についても検討する必要があります。

楽天銀行カードローンのメリットをまとめました



・収入証明書の提出は300万円超から
・金利が年1.9%~14.5%の低水準
・カードローンのおまとめや借り換えも可能!

収入証明書の提出は300万円超から

楽天銀行カードローンで収入証明書が必要になるのは、希望する金額が300万円を超える場合です。個人事業主などは、限度額300万円以下でも必要になる場合がありますが、原則として必要なしとしているのは大きなメリットではないでしょうか。

プロミスやアコムのような消費者金融では、
 1.希望額が50万円を超えるとき
 2.他の消費者金融との借入残高の合計額が100万円超となるとき
の2つの場合に必要です。

消費者金融と比べると、収入証明書の提出条件が非常にゆるいことが分かります。申込み前の準備が簡単になる、という点が楽天銀行カードローンの魅力ではないでしょうか。

金利が年1.9%~14.5%の低水準

楽天銀行カードローンの金利は、年率1.9%~14.5%の非常に低い水準となっています。

消費者金融の多くは、年率18.0%近くで融資をしていますので、少なくとも20%は負担が少ない計算になります。 たとえば、年率14.5%の金利で30万円を30日間借入れした場合の利息額は、
 30万円×0.145×30日÷365日=3575円
となります。

これに対して、年率18.0%の金利で30万円を借りた場合の計算は、
 30万円×0.18×30日÷365日=4438円
となります。

1ヶ月値で約1,000円の利息の違いが生じますので、楽天銀行カードローンの低金利のメリットが大きいことが分かります。

カードローンのおまとめや借り換えも可能!

楽天銀行カードローンは、借入額が多くなるほど金利が低くなります。複数ある消費者金融の借入れを1つにまとめることで、金利の負担を大幅に減らせるメリットが生じます。

消費者金融のカードローンでは、借入れできるのは、最高でも年収の3分の1までです。楽天銀行カードローンは、総量規制対象外となっていますので、年収の3分の1を超える融資も不可能ではありません。 消費者金融でのおまとめにメリットは少ないですが、楽天銀行カードローンのような低金利ローンを利用しておまとめすると、おまとめの効果が非常に大きくなるのも魅力ではないでしょうか。

楽天銀行カードローンの利用に向いている人とは?

ネット上で全て完結したい人

楽天銀行カードローンは、ネット上ですべて完結したい人、つまり、来店不要で申込みたい人におすすめです。銀行カードローンの中には、申込手続を銀行の窓口でしなければならないものもありますが、楽天銀行カードローンなら、来店不要ですべての手続きが完了します。
誰にも会わずに借入れしたい・・・というなら、楽天銀行カードローンを選んでみてはいかがでしょうか。

専業主婦、学生など

専業主婦や学生などは、借入れが難しいと説明しましたが、申込みが認められているのも事実になります。
とくに、お勤めをしていない専業主婦は、総量規制対象外でも利用できるカードローンが多くはありません。楽天銀行カードローンは、専業主婦も利用できるサービスとして人気があります。

学生や専業主婦だからといって利用できないわけではありませんので、積極的に楽天銀行の審査を受けてみるようにしてください。

おまとめを利用したい人

楽天銀行カードローンは、金利水準が低いカードローンです。消費者金融の借入れをおまとめしたり、借り換えをするだけで、毎月の負担を大幅に減らせることもあります。 ATM手数料も無料でできるものもありますので、楽天銀行カードローンを利用しておまとめをするのもおすすめになります。

楽天銀行の口座を持っていれば更にメリットが増大!

楽天銀行スーパーローンの30日間無利息

楽天銀行カードローンと楽天銀行の口座開設の同時申込をすると、「30日間利息0円」のサービスが利用できます。
楽天銀行の無利息の対象者は、
・楽天銀行口座開設と楽天銀行スーパーローンを同時に申込し、成約された方。
・楽天銀行スーパーローンの返済口座を楽天銀行口座に指定された方。

の2つを満たす方です。初回の借入日の翌日から30日間が無利息となりますので、とりあえずカードを作っておく、という申込みでも無利息が利用できます。

ただし、すでに楽天銀行の口座がある方については、30日間利息0円の対象となりませんので、注意するようにしてください。
●楽天ポイントが貯まる!
銀行口座とは無関係?

●楽天会員は審査優遇
キャンペーン終了?


このページのまとめ

楽天銀行カードローンは、総量規制対象外で高額融資が見込めるカードローンです。消費者金融のキャッシングでは、年収の3分の1までという条件がありますが、楽天銀行なら年収の3分の1を超える融資も不可能ではありません。

さらに、希望する金額が300万円以下の場合は、原則として収入証明書なしでの申込みとなります。専業主婦や学生が利用できるのはもちろん、カードローンのおまとめにも利用できるのが魅力です。
楽天銀行の口座開設との同時申込をすると、30日間無利息が適用されるのもメリットの1つになります。

【体験談】私は楽天銀行カードローンを利用しています

専業主婦の口コミ
楽天銀行カードローンで引っ越し費用を借りました!

生活費が少なく、なかなか引っ越しをできなかったのですが、条件が良いアパートがあったので、思い切って楽天銀行カードローンで借りて引っ越しをしました。借入れして金額は40万円ですが、毎月少しずつ返済しているので、家計を圧迫するようなことはありません。

家賃が安いところに引っ越しをしたので、生活費が浮いた分で返済をしている、という感じでしょうか。楽天銀行のローン返済が終われば、返済しているお金が貯金できる、という思いで返済を頑張っています!

生活が苦しいときは、カードローンを利用して引っ越しをする・・・というのもいいのではないでしょうか。
専業主婦の口コミ
楽天銀行カードローンで家計のやり繰りをしています!

家計を上手にやり繰りしようと思い、3ヶ月ほど前に楽天銀行カードローンのカードを作りました。私は仕事をしていない専業主婦ですが、それでも、限度額30万円のカードが作れましたよ!

楽天銀行のカードローンを利用するのは、主に、ボーナスが支給される少し前が多いです。冷蔵庫やパソコンを購入したりして、ボーナスが支給されたときに一括返済をする、という感じが多いです。

限度額30万円しかないカードですが、それでも、「いつでも借りれる!」という安心感があるのが嬉しいですね!


専業主婦の口コミ
ローンのおまとめに楽天銀行カードローンを利用しています!
消費者金融4社からの借入れがあり、今から1年ほど前に楽天銀行カードローンに申込みました。申し込んだ当時は、消費者金融からの返済に追われていたので、「とにかく何とかしないと・・・。」と焦る気持ちが強かったと思います。

おまとめした後の今では、毎月1回の返済にだけ気をつければいいので、とても精神的に楽になりました。金利も低くできたし、毎月の返済額も少ないので、この調子で返済していけば、借金の完済も現実味を帯びてきます。

複数のカードローンの借入れがある方は、低金利の銀行カードローンでおまとめをすると、本当に楽になると思いますよ!