少しでも低金利でお金を借りるにはっ!


低金利 このページでは、少しでも低金利でお金を借りたい方に、少しでもお得にキャッシングする方法についてお伝えしていきます。『低金利』と言っても、借りる金額によってお得な方法もカードローン会社も異なります。このページでは
すぐに返済できる場合
長期による返済を考えている場合
の2つの状況を取り上げ、具体的な解決方法をお伝えします。

借入金額によって異なる金利

すぐに完済できるという場合

消費者金融ならプロミス、アコム、アイフルには30日間の無利息期間があります!
銀行カードローンなら、新生銀行カードローン レイクには、2種類の無利息期間があります。
もし借入から30日以内に返済できる見込みがあるなら、消費者金融ならプロミス、アコム、アイフル、銀行カードローンなら新生銀行カードローン レイクがオススメです。これらのカードローンは、30日間の無利息期間が付いています。30日以内に返済すれば利息は0円なので、そもそも金利がつかないので、最も低金利で借りれる方法だと言えます。

おすすめはプロミス or 新生銀行カードローン レイク!

迷ったら、プロミスか新生銀行カードローン レイクがオススメです!
『プロミス』は、30日間の無利息期間が最初に借入した翌日から30日間です。(その他は契約した翌日から。)借入の期間に幅をもたせることができます。
『新生銀行カードローン レイク』は、30日間と180日間の選べる2種類の無利息期間があります。

詳細は公式サイトをご覧ください。

プロミス
カードレス+時間のない
WEB完結でスマホで簡単申し込み♪
実質年率
4.5~17.8%
限度額
500万円
審査時間
最短即日融資も可能!
その他
30日間【無利息で】借りれる!
※メールアドレスの登録とWeb明細登録が必要です。

公式サイトへ


新生銀行カードローン レイク
レイク
審査結果が申込み後すぐに表示
実質年率
4.5~18.0%
限度額
500万円
審査時間
申込み後すぐに表示
運営会社
株式会社 新生銀行
その他
選べる2つの無利息キャッシング

公式サイトへ


大きな金額の借入を希望していて、長期の返済をお考えの方

銀行カードローンの場合

消費者金融よりも低金利なところ

できればお金を借りる時はより低い金利で借りたいものです。最近では消費者金融でも上限が18%前後に落ち着いてきて、以前よりはかなり低金利になりました。しかし、お金を借りる側からすれば、もっと低金利のところが良いと思うものです。消費者金融よりも金利が低いところは、銀行のカードローンです。銀行カードローンは、上限が14%前後ですから、この差は大きいです。しかし、いくら金利が安いといえど、無利息にはかないません。消費者金融の様々なサービスの1つに「無利息でお金を借りる」ことができるサービスもあります。30日以内(プロミス)など、すぐに返済する目処があるならば、無利息でお金を借りることをおすすめします(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)。無利息でお金を借りるならこちらを参考にしてください無利息でお金を借りる方法。また、多くの金融機関では、金利は○%から○%と幅をもたせています。例えばある会社のキャッシングでは4.7%から14.0%というように紹介されています。この場合、最低の金利だと4.7%なので良いのですが、誰もがこの低金利で借りられるわけではありませんので注意が必要です。

金利は借入額で決まる

この金利に幅を持たせてあるのは、借入金額によって決められるもので、自分で指定できるわけではありません。借入金額が低いほど、上限あるいは上限に近い金利が適用されます。ですから、あまり高額を借入するつもりがないなら上限金利が低いところを探してみると良いでしょう。私たちは、つい下限金利ばかりを見がちですが、その金利で借りられるのは、高額を借りる人(百万単位)など限られています。借入希望額が50万円以下なら、ほぼ上限金利が適用されると思っておくと良いでしょう。

どこで借りるのが一番良い?

銀行カードローンは比較的低金利ですが、審査が厳しいのが特徴です。無担保で低金利なのですから、きちんと返済してくれる人でないと銀行も困るわけです。そのため、属性のチェックは厳しくされるのは仕方がないと言えるでしょう。その点、消費者金融はアルバイトやパート、派遣社員などでも借入可能なのが特徴です。消費者金融はだいたい上限金利を18%くらいに統一しているようですが、4.5%~17.8%のプロミスもありますので、そのようなところを探してみると良いです。これら以外に低金利で借りられるものとしては、加入している生命保険の積立金を担保として借りるものです。生命保険の積立金は解約返戻金のことで、その8割まで借入することが可能です。金利は、生命保険の予定利率よりも少し高めなだけなので、消費者金融から比べるとかなり低金利です。また、返済期間も設けられていません。もし返済しなくても、この契約の積立金が支払われる時に借入分を相殺するようになっているのです。もし生命保険の契約があるなら、この制度を利用するのもおすすめです。(ただし、最後の手段にしましょう。

その他低金利でお金を借りるところ