個人事業主が即日でお金を借りる方法


個人事業主は、収入が不安定なことも多く、資金繰りの対応が困難になることが多いと言われています。カードローンの申し込みでも、審査にとおりにくいというのが一般的な考え方です。

しかし、カードローンの利用が絶対にできないわけでなく、実際に審査に通過しているケースもありますので、まずは、カードローン審査を試してみる、というのがおすすめです。

もし、カードローンの審査に通らなければ、
個人事業主向けのキャッシングサービス
日本政策金融公庫の融資
ファクタリング(売掛金の買取サービス)

の利用も検討できます。

個人事業主の資金繰りでは、最後まであきらめない前向きな姿勢と、申込みブラックに気をつけることが、なによりも重要になります。

目次
以下の水色の字をクリックして、気になる記事に移動することもできます。

個人事業主が事業資金以外で今日でも借りれるカードローンとは?
個人事業主が事業資金が借りれるカードローンとは?
日本政策金融公庫とは?
ファクタリングとは?
個人事業主がカードローンで融資が受けづらい理由とは?
複数の同時申し込みは厳禁!初心者が陥りやすい『申込みブラックとは?』
個人事業主の資金調達に関する口コミ
個人事業主の資金繰りのまとめ


個人事業主が事業資金以外で今日でも借りれるカードローンとは?

カードローンとは?

カードローンというのは、名前のとおり「カードを利用したローンのサービス」のことです。
一般的な自動車ローンや教育ローンとの違いは、
・利用目的が原則自由であること
・返済方式がリボルビング方式

などです。

まず、カードローンは、融資の上限額だけを決めて、あとは、好きなタイミングでいつでもお金を借りれる、という点に特徴があります。事業性資金の利用を禁止しているケースが多いですが、家計のやりくりや自動車の車検費用・修理費用などを自由に「分割払い」にできるのが最大の特徴です。

また、カードローンは、返済方式が「リボルビング返済」となっている点に特徴があります。一般なカードローンでは、「最少返済額(約定返済額)」が決まっているだけで、いくら返済するかは自由に決められます。資金に余裕があるときは多めに返済、余裕がないときは、最低限の返済とできるので、個人事業主にも利用しやすいサービスと言えるでしょう。

カードローンの資金使途に注意する!

個人事業主がカードローンを選ぶときは、「資金使途」に注意する必要があります。ほとんどのカードローンは、資金使途は「自由」としていますが、但し書きに「事業性資金を除く」とあることが多くなります。
個人事業主がカードローンを利用するときは、家計のやり繰りのためなら使えるが、仕入れや経費支払いのためには使えない、という点に気をつける必要があります。

カードローンの限度額は少なめに申告!

個人事業主がカードローンに申し込む際は、限度額はできるだけ少ない金額にすることが重要です。100万円超の高額融資も不可能ではありませんが、初めてのキャッシングで限度額100万円・200万円を希望してしまうと、「事業目的に申し込んだな・・・」と思われるだけです。 すでにキャッシング残高があるなら、おまとめ・借り換え目的の申込み、という説明もできますが、そうでないときは、必要最小限の少ない金額にしないと審査が厳しくなると予想されます。

個人事業主が事業資金が借りれるカードローンとは?

個人事業主向けカードローンとは?

個人事業主向けのカードローンは、消費者金融などが「個人事業主だけを対象に融資するサービス」のことです。融資の上限額は、一般のカードローンと同じ程度の300万円~800万円に設定されていることが多くなります。
個人事業主向けカードローンを利用するメリットは、しっかりと事業内容まで吟味して審査をしてくれることです。一般のカードローンは、業種や職種などの情報を伝えますが、サラリーマンやパート・アルバイト勤務であることが前提となります。

これに対して、個人事業主向けのローンは、それぞれの業種ごとに、
・利益率の高さ
・収益の安定性
・将来の売上の見込み

なども評価の対象となります。

たとえば、アイスクリームを製造する個人事業主の場合は、一般的なカードローンでは、「売上が安定しない(夏しか売れない)」となって審査落ちになる可能性が高くなります。しかし、個人事業主向けのカードローンなら、
 「来年も同じくらいの売上が上がるよね?」
 「冬は体があくから、副業もできそうだな・・・。」
と評価される可能性もあり、審査にとおる可能性が高くなることが分かります。

個人事業主向けなら総量規制の例外!

個人事業主向けのカードローンを選べば、総量規制の影響はなくなります。総量規制は、貸金業者(消費者金融など)が融資をする場合に「年収の3分の1超となる貸付となってはいけない」という貸金業法の規制です。

この総量規制では、6つの例外について定めていますが、その1つに「個人事業者に対する貸付け」があります。つまり、消費者金融のカードローンでも、個人事業主向けのサービスに申し込めば、年収の3分の1超の融資も可能ということです。
一般の消費者金融のカードローンに申し込んだ場合は、コンピューターが自動的に「年収の3分の1」を計算してしまいますが、事業者向けローンなら、このような制限がなくなるということです。

収入証明書の提出が必要に!

個人事業主向けのカードローンのメリットばかり書いていましたが、デメリットもあります。個人事業主向けのカードローンに申し込む場合は、希望額に関係なく、収入証明書類の提出が求められるのが一般的です。
個人事業主の収入証明書類は、「確定申告書の控え」や「税額決定通知書」、「所得証明書」などになります。ローン会社によっては、「確定申告書の控え」のみというケースもありますので、しっかりと確定申告していることが前提となります。

日本政策金融公庫とは?

日本政策金融公庫の融資とは?

日本政策金融公庫は、「経済のセーフティネット」「日本経済の発展」「地域の活性化」を役割とする、国の金融機関です。
起業を目的とする融資制度もありますが、個人事業主の資金繰りで利用できる融資制度では、「経営環境変化対応資金」「金融環境変化対応資金」「取引企業倒産対応資金」の3つがあります。

融資制度 利用対象者 融資限度額 融資期間(うち据置期間)
経営環境変化対応資金 売上が減少するなど事業が悪化している方 4,800万円 ・設備資金:15年以内(3年以内) ・運転資金: 8年以内(3年以内)
金融環境変化対応資金 取引金融機関の経営破たんなどにより、資金繰りが困難となっている方 4,000万円 ・設備資金:15年以内(3年以内) ・運転資金: 8年以内(3年以内)
取引企業倒産対応資金 取引企業などの倒産により経営が困難となっている方 3,000万円 ・運転資金: 8年以内(3年以内)


金融環境変化対応資金は、銀行などの倒産のためなので、利用できないと思いますが、「売上の減少」や「取引企業の倒産」のためなら、個人事業主でも利用できることが分かります。

日本政策金融公庫のメリットとは?

日本政策金融公庫のメリットには、
・融資限度額が多いこと
・据置期間が認められること
・金利が非常に低いこと

などがあります。

まず、上の表にある、売上減少などの事業悪化のときに利用できる「経営環境変化対応資金」を見ると分かりますが、限度額は4,800万円までになります。一般的なカードローンの限度額が500万円~800万円が上限額であるのと比較すれば、「限度額の多さ」は一目瞭然です。

また、カードローンは、借入後にすぐに返済が始まりますが、日本政策金融公庫の場合は、「据置期間」が認められます。据置期間がどのくらいになるかは審査しだいですが、一時的に返済が猶予されるのは、大きなメリットです。
さらに、ローンの金利も3%未満であることが多いので、カードローンよりも低金利、という魅力があります。

日本政策金融公庫のデメリットとは?

これに対して、日本政策金融公庫のデメリットは、
・利用条件が非常に厳しい
・融資までに時間がかかる
・担保の提供を求められることがある

などです。

まず、日本政策金融公庫の融資は、利用条件が非常に細かく決められています。基本的には、業績の悪化が一時的なもので、中長期的に業況が改善できることが見込めないと、お金は借りれません。
また、収入証明書類の提出が必要なのはもちろん、審査結果が分かるまでに2週間以上かかることもあります。法人でも代表者が連帯保証人になるのはもちろん、提供できる担保があるときは、担保の提供を求められる可能性も0ではありません。

ファクタリングとは?

ファクタリングの融資とは?

ファクタリングは、個人事業主などが保有しているv「第三者に対する売掛債権」を買い取るサービスのことです。まだ未回収の売掛金をファクタリング会社が買取してくれる、と考えると分かりやすいと思います。

ファクタリングのメリットとは?

個人事業主にとってファクタリングのメリットになる点は、
1.融資ではないので審査にとおりやすい
2.担保や保証人は不要
3.売掛先の倒産リスクがなくなる
の3つです。

まず、融資による資金調達とは異なり、将来入ってくる債権(売掛金)を買い取ってくれるだけですので、とても簡単です。買取不能というケースはまれになりますので、高い確率でお金を用意できます。
また、ローンのように担保や保証人が必要になることがないのも、ファクタリングのメリットです。さらに、「売掛金の回収前に取引先が倒産したら・・・」という心配もなくなり、金融機関の信用アップにもつながります。

ファクタリングのデメリットとは?

一方、ファクタリングのデメリットは、
・売掛先の企業から承諾を得る必要があること
・手数料が高めに設定されていること

の2つです。

まず、ファクタリング会社に売掛金を買い取りしてもらうためには、売掛先の企業からの同意が必要になります。簡単に同意が得られればいいですが、予想以上に交渉に時間がかかってしまうことも珍しくありません。
また、一般的なファクタリングの場合、手数料が10%~30%というのが相場です。本来、受け取るはずだった売掛金が少なくなってしまうのも、ファクタリングのデメリットになります。

個人事業主がカードローンで融資が受けづらい理由とは?

カードローン審査では申告所得の少なさが不利に!

一般的に個人事業主は、確定申告をする際、納税額を少なくするために「なるべく多くの経費を計上する」ということをしています。たくさんの経費を計上できれば、個人の所得が少なくなり、所得税や住民税などが少なくできるからです。

しかし、カードローンの申込審査で最も重視されているのは、「所得の多さ」にあります。所得を少なくして申告すればするほど、いざというときにお金を借りにくくなる、ということが起こります。
一般的な消費者金融では、さらに、年収の3分の1までの融資しか認められませんので、借入れできる上限額が少なくなりやすい傾向にあります。

毎月の売上高・利益は安定しているか?

一般的なカードローンの審査では、「収入が安定しているか?」という点が重視されます。個人事業主の場合は、
・海苔漁業者(冬に売上が集中する)
・アイスクリーム製造業者(夏に売上が集中する)
・洋菓子店(年末に売上が集中する)
・建設業(売上にばらつきがある)

というケースが「収入が安定していない」と判断されます。

逆に、
・新聞販売店
・携帯電話ショップ
・床屋、美容室

などは、売上も安定していることが多く、将来にわたって売上が見込める点で有利になります。

事業に利用されてしまうとリスクが異なる!?

カードローンの資金使途に「ただし、事業性資金を除く」と書いてあるのは、一般的なお金の目的と、事業目的とでは、貸し倒れのリスクが異なるからです。
個人事業主の場合は、前年度の所得を書類で証明できたとしても、お金を借りる背景に「取引先が倒産したのでは?」と思われてしまいます。もしも、重要な取引先が倒産したり、取引を打ち切られた場合なら、当然、これからの売上の見込みが変わってくると考えられます。

このような、個人事業主の特有のリスクがあることから、事業目的には利用できないと明記されているわけです。

複数の同時申し込みは厳禁!初心者が陥りやすい『申込みブラックとは?』

ローンの申込みブラックとは?

個人事業主がローンの申し込みで気をつけたいポイントは、一気に何社もカードローンに申し込まない、ということです。
カードローンに申込みをした事実は、信用情報機関のデータベースに照会すれば、すぐにわかります。カードローンの同時申込みをしてしまうと、
1.よほど、お金に困っていると判断される
2.そもそも、限度額を決められなくなる
という問題が生じます。

たとえば、カードローンのA社とB社に申込んだ場合に、どちらの審査でも「限度額100万円」に決まるとします。同時申込をしてしまうと、A社の審査担当者は、

 「B社の限度額が50万円なら、うちは50万円・・・」
 「B社が30万円なら、うちは70万円まで。。。」

となります。逆の立場のカードローンB社の担当者も同じ状態になります。
結局、どちらの審査にも落ちてしまう状態になるのが、いわゆる「申込みブラック」になります。申込みブラックは、同時申込でなくても、短期間になんども審査を受けてもなると言われていますので、十分に注意するようにしてください。

信用情報機関の登録情報が消えるまでの期間について

カードローンをはじめとする、ローンやクレジットカードの「申込をした事実」は、信用情報機関に6か月間、登録され続けます。
6ヶ月以内に2社以上のカードローンに申し込むことも可能ですが、
・短期間に銀行カードローンばかり
・消費者金融だけ

というのは、おすすめではありません。

短期間に2回以上、カードローンの申し込みをするなら、「不自然ではない申込み方」を考えないといけません。

ローン審査は難易度の高いところから受ける!

カードローンの審査に自信がないという人の多くは、消費者金融などの「審査にとおりやすそうなカードローン」から申込みます。簡単そうなカードローンから審査を受けることも可能ですが、おすすめは、難しそうなカードローンから申し込む方法です。

低金利で条件の良いカードローンを選ぶ、というのは、健全な考え方です。条件のいちばん良いカードローン審査に落ちたら、少し条件の悪い(金利が高い)カードローンに申し込む、というのも自然です。
逆に、消費者金融のカードローン審査に落ちたから、審査の難しそうな銀行カードローンを選ぶ、というのは、おかしな発想です。
万一、審査に落ちたら・・・と考えるのであれば、最も低金利なカードローンから順番に受けていけば、複数の申込みであっても不自然さがなくなるのでおすすめです。

個人事業主の資金調達に関する口コミ

専業主婦の口コミ
建設業でもカードローンの利用ができましたよ!
建設業をしている個人事業主です。この業界は、売上のあるときは儲かり、逆に暇なときは、売上0ということも珍しくありません。
そんな個人事業主でも銀行カードローンで200万円の借入れに成功しました!

借入れできた理由は分かりませんが、おそらく、取引先から受け取った「手形」があったからかな・・・と思います。
3カ月先に現金にできるのですが、それまでの資金繰りのめどができて、とにかく嬉しい気持ちでいっぱいです!!
専業主婦の口コミ
個人タクシーの事業主でもカードが作れました!
個人タクシーのドライバーをしています。年収は600万円ほどありましたが、妻が病気になり、医療費のためにカードローンで100万円の借入れをしました。
カードローンは初めてでしたので、色々調べていたら「個人事業主は審査が厳しい!」ということが沢山書いてあり、本当に不安でいっぱいでした。 しかし消費者金融のカードローンに申込みしたところ、希望どおりのカードを作ることができ、本当に感謝しています。
仕事で使っている自動車を担保に・・・とも考えましたが、無担保で借りることができ安心しております。
専業主婦の口コミ
日本政策金融公庫「経営環境変化対応資金」利用しました!
新聞販売店を経営していますが、さすがに読者の落ち込み方がひどくなってきて、資金繰りに困るようになってしまいました。

新聞以外のビジネスも考えないと・・・と思っているうちにお金が回らなくなり、日本政策金融公庫(国金)に相談したところ、経営環境変化対応資金で融資が見込めるとのことでその場で申込み、無事600万円を借りることができました。
国民金融公庫のときに利用したことがあったのと、新聞社に預けている保証金があったのが借りれた理由かなと思っています。

専業主婦の口コミ
取引先の倒産を理由に借入れできました!
会社の資本的なつながりはありませんが、いつも仕事をもらっている会社が倒産してしまい、経営の立て直しのためのお金を借りました。

日本政策金融公庫の利用は初めてでしたが、とても親切に対応していただけましたし、据置期間1年、400万円の融資を認めてもらえました。
お金を借りる前は、もう本当にどうしたものか・・・と思っていましたが、あきらめなければ何とかなるもんだな~と感じました。
専業主婦の口コミ
売掛債権の現金化に成功しました!
税金の支払いのために、売掛金をファクタリングで現金化しました。ファクタリングの手数料は、10%ちょっとだったと思いますが、意外と簡単に買取してくれることに決まりました。

ファクタリングというものを知らなかったので、最初は、怪しいな・・・と思ってましたが、元銀行員だった人が経営する会社があったので、そこを選びました。金利で計算すると、手数料の高さが気になりますが、なんとか納税できそうなのでホッとしてます。
専業主婦の口コミ
個人でもファクタリングが使えるんですね!
ファクタリングの意味は知っていましたが、まさか、個人の事業主が利用できるとは思ってもいませんでした。

アルバイト従業員の給与支払いに間に合わせるために利用しましたが、申込の翌日には、お金を振り込んでもらえましたよ!

うちは、売上から入金までが長い取引先が多いので、このようなサービスがあると、いざというときに本当に助かります。


個人事業主の資金繰りのまとめ

一般に個人事業主は、カードローンの審査で不利になると言われていますが、審査に落ちたとしても、最後まであきらめる必要はありません。個人事業主向けのカードローンや日本政策金融公庫の融資、ファクタリングなどの方法で資金繰りをなんとかすることは可能です。

ただし、個人事業主がカードローンを利用する場合は、
限度額の希望を最小限に抑えること
カードローンの同時申込みはしない
個人事業主向けローンも検討する
などに注意が必要です。

とくに消費者金融のカードローンを利用する場合は、年収の3分の1までの限度額(総量規制)になりますので、状況に応じて銀行カードローンの利用も検討するのがおすすめです。

その他の借入方法