会社員(サラリーマン)が確実に審査を通過する方法

今すぐ借りれるカードローンはここ>>

会社員(サラリーマン)が誰にもバレずにお金を借りるには、勤務先と家族にバレるタイミングを理解しておく必要があります。

勤務先にバレる可能性があるのは、審査の在籍確認の手続きのときですが、一般には、担当者がバレないように配慮してくれますし、WEBで申込と審査が完結するサービスもあります。
また、無利息で借りれるカードローンもありますので、会社員(サラリーマン)が誰にもバレずにお得に借り入れることも不可能ではありません。
ここでは、会社員(サラリーマン)がバレないで借りるための知識、銀行カードローンと消費者金融の違いなどについて紹介してます。カードローンに申し込む前に、会社員(サラリーマン)がお金を借りる際の注意点について確認しておくことをおすすめします。

目次
以下の水色の字をクリックして、気になる記事に移動することもできます。

どのカードローンなら、会社にバレない?
家族にバレないようにするにはどうすれば?
無利息で借りれるカードローンもある!
高額融資を長期返済!低金利の銀行カードローンを利用するメリットとは?
会社員(サラリーマン)が審査に通った人と通らなかった人の口コミ
このページのまとめ


どのカードローンなら、会社にバレない?

カードローン審査の在籍確認とは?

カードローン審査の在籍確認は、申込時に申告した「お勤め先の情報(会社名、電話番号など)」が正確であること、間違いなく在籍していることを確認するための手続きです。

一般には、カードローン会社の担当者が勤務先に電話をかけ、「○○さん、いらっしゃいますか?」と尋ねます。申告した電話番号に間違いなく在籍していれば、電話に出た人が「少々、お待ちください。」などと対応するので、情報が正確であることが分かる、という仕組みです。

銀行と消費者金融の在籍確認の違いについて

消費者金融の在籍確認では、オペレーターが個人名で電話をかけてくれます。「プロミスですが・・・」「アコムですが・・・」ではなく、「山田と申しますが、・・・」と話してくれます。つまり、消費者金融の在籍確認の手続きなら、金融機関からの電話だとは分からないように配慮してくれる、ということです。

これに対して、銀行カードローンの場合は、「○○銀行の△△ですが、・・・」と名乗るので、金融機関(銀行)からの電話だと分かります。
銀行名を聞いてカードローンの申し込みと分かることは少ないですが、どうしても心配なときは、銀行以外の消費者金融のカードローンを選ぶのがおすすめです。

モビットのWEB完結申込とは?

消費者金融のモビットには、一般の「カード申込み」のほかに「WEB完結申込」というものがあります。モビットのWEB完結申込で申し込むと、一定の書類を提出することで、電話連絡が省略されます。モビットのWEB完結申込を選ぶには、指定する書類を用意できることが前提となります。
・三井住友銀行、または、三菱東京UFJ銀行に普通預金口座がある方
・全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは、組合保険証がある方
・本人確認書類(運転免許証かパスポート)
・収入証明書類(源泉徴収票など)
・給与明細書

以上の書類の用意ができる方は、モビットのWEB完結申込を選ぶことで、電話連絡がなくなります。

家族にバレないようにするにはどうすれば?

郵送物で家族にバレる?

家族にカードローンの利用がバレてしまうのは、自宅への郵送物がほとんどの原因です。カードローンは、カードを使って融資を受けるサービスですので、「カードをどう受け取るか?」が重要になります。
消費者金融のカードローンを利用する場合は、自動契約機でローンカードが発行できます。つまり、インターネットから申込みを済ませ、カードを自動契約機で受け取ることで、カードが自宅に郵送されなくなります。

なお、申込時に「郵送物なし」にできた場合でも、利用中の延滞で請求書が郵送されることがあります。無理のない借入れをするのはもちろん、「絶対に延滞はしない!」と覚悟を決めることで、郵送物で家族にバレるリスクが少なくなります。

ローンカードの管理を徹底する!

ローン専用のカードが家族に見つかってしまうと、当然ですが、家族にバレます。カードが家族に見つからないようにするには、カードの管理方法についても、今から考えておく必要があります。
とくに、小さなお子様がいる家庭の場合は、「子どもが勝手に財布をさわる!」ということもありますので、十分に注意するようにしてください。

提携ATMで返済するほうがバレにくい!

カードローンの返済方法は、一般に「提携ATMからの入金」、または、「口座振替」になります。

提携ATMから返済する場合は、明細書をしっかりと破棄することで対処できますが、口座振替の場合は、引き落としされたことが通帳に記録されます。通帳の記帳時に家族にバレる心配がある場合は、提携ATMからの返済を選ぶ方が安心ではないでしょうか。

無利息で借りれるカードローンもある!

カードローンの無利息とは?

カードローンの無利息というのは、一定の期間の利息が「0円」になるサービスです。30日間無利息の場合なら、「指定の日から30日分の利息が0円になる」というサービスです。
表面上のカードローン金利で比較するのはもちろんですが、短期間の借入れなら、金利が高くても無利息があるサービスのほうが負担が少なくなることもあります。

プロミスの30日間無利息について

消費者金融プロミスの無利息は、「30日間無利息」というものです。このサービスは、「初回の借入日の翌日から30日間の利息」が0円になるというものです。他の無利息は、「契約日の翌日」から計算しますが、プロミスは、「借入日の翌日」からとなっていますので、「とりあえずカードを作っておく」という人にもおすすめできます。

アコムの30日間金利0円サービスについて

無利息サービスは、消費者金融のアコムにもあります。アコムの無利息は、「30日間金利0円サービス」という名前で提供されています。プロミスとの違いは、「契約日の翌日から30日間」の利息が0円になる、という点です。

申込みをして、すぐに借入れする場合はいいですが、しばらくしてから借入れするときは、プロミスの無利息のほうが有利になる点に注意してください。

5万円、10万円、15万円を借りて1ヶ月で返済する場合の無利息と金利18%の比較

5万円、10万円、15万円を30日間借りた場合の無利息と金利18.0%との違いは、次の表で確認してください。
借入金額 金利18% 無利息
5万円 739円 0円
10万円 1,479円 0円
15万円 2,219円 0円


高額融資を長期返済!低金利の銀行カードローンを利用するメリットとは?

高額融資に銀行カードローンを選ぶ理由

高額融資のときに銀行カードローンが有利になるのは、貸金業法の規制を受けていないからです。

貸金業法では、(1)融資の上限額(総量規制)、(2)ATMの利用手数料、(3)収入証明書の提出、について消費者金融に対して規制しています。

※消費者金融の総量規制について
貸金業法では、消費者金融やクレジットカード会社がお金を貸すときは、「年収の3分の1を超える貸し付けとなってはいけない」という規制をしています。たとえば、年収300万円の人への貸付なら、100万円を超える残高になってはいけない、というのが総量規制です。自分の年収の3分の1を超える貸付は、銀行カードローンでないとできない仕組みになっている、ということです。

※消費者金融のATM手数料について
消費者金融のカードローンでは、貸金業法の規制により、提携ATMを利用する際に
 ・1万円以下の借入れ・返済:108円
 ・1万円超の借入れ・返済:216円
の手数料を徴収しなければならないことになっています。

高額融資をするときは、返済期間も長くなると思いますが、その際にATM手数料の負担が大きくなる点に注意が必要です。とくに、1年以上の長期返済を計画する場合は、ATM手数料無料の銀行カードローンを選ぶのがおすすめです。

※消費者金融で収入証明書が必要になるとき
消費者金融のカードローンでは、
 1.希望する金額が50万円を超えるとき
 2.合計100万円超の残高になるとき
の2つの場合に、収入証明書を利用した「返済能力の調査」をしなければならないことになっています。

源泉徴収票などをすぐに用意できる場合はいいですが、用意に時間がかかるときは、書類不要で申し込める銀行カードローンを選ぶのがおすすめです。

在籍確認の電話の対策について

銀行カードローンの在籍確認の電話では、「○○銀行の・・・」と銀行名を出してくることがありますが、絶対に「カードローンを利用する」とは言ってはいけません。カードローンを利用することを話してしまえば、当然、借入れしていることが勤務先にバレてしまうからです。

「自動車ローンに申し込んだ。」「車を買おうかと思って・・・」などと、適当にごまかしておくのがおすすめです。

三菱東京UFJ銀行で50万円・100万円・150万円借りた場合の金利

三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックの金利は、年率14.6%です。50万円、100万円、150万円借りた場合の金利計算は、次のとおりとなります。

※50万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
46,000円 12ヶ月 539,605円 39,605円
60,000円 9ヶ月 530,448円 30,448円
88,000円 6ヶ月 521,302円 21,302円
172,000円 3ヶ月 512,168円 12,168円

※100万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
90,000円 12ヶ月 1,080,890円 80,890円
118,000円 9ヶ月 1,061,800円 61,800円
174,000円 6ヶ月 1,042,978円 42,978円
342,000円 3ヶ月 1,024,410円 24,410円

※150万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
135,000円 12ヶ月 1,621,334円 121,334円
180,000円 9ヶ月 1,591,353円 91,353円
265,000円 6ヶ月 1,563,728円 63,728円
515,000円 3ヶ月 1,536,544円 36,544円

三井住友銀行で50万円・100万円・150万円借りた場合の金利

三井住友銀行カードローンの最高金利は、年率14.5%になりますので、同様に計算した結果を紹介します。

※50万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
45,000円 12ヶ月 540,138円 40,138円
59,000円 9ヶ月 530,672円 30,672円
87,000円 6ヶ月 521,335円 21,335円
171,000円 3ヶ月 512,120円 12,120円

※100万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
90,000円 12ヶ月 1,080,281円 80,281円
118,000円 9ヶ月 1,061,350円 61,350円
174,000円 6ヶ月 1,042,672円 42,672円
342,000円 3ヶ月 102,4241円 24,241円

※150万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
135,000円 12ヶ月 1,620,427円 120,427円
180,000円 9ヶ月 1,590,684円 90,684円
265,000円 6ヶ月 1,563,273円 63,273円
515,000円 3ヶ月 1,536,290円 36,290円

みずほ銀行で50万円・100万円・150万円借りた場合の金利

同じように、年率14.0%の計算結果になります。

※50万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
45,000円 12ヶ月 538,632円 38,632円
59,000円 9ヶ月 529,547円 29,547円
87,000円 6ヶ月 520,570円 20,570円
170,000円 3ヶ月 511,731円 11,731円

※100万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
90,000円 12ヶ月 1,077,268円 77,268円
118,000円 9ヶ月 1,059,098円 59,098円
174,000円 6ヶ月 1,041,142円 41,142円
340,000円 3ヶ月 1,023,462円 23,462円

※150万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
135,000円 12ヶ月 1,615,907円 115,907円
180,000円 9ヶ月 1,587,355円 87,355円
260,000円 6ヶ月 1,561,894円 61,894円
510,000円 3ヶ月 1,535,195円 35,195円

りそな銀行で50万円・100万円・150万円借りた場合の金利

年率12.475%で計算した結果が、こちらになります。

※50万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
45,000円 12ヶ月 534,091円 34,091円
59,000円 9ヶ月 526,145円 26,145円
87,000円 6ヶ月 518,250円 18,250円
170,000円 3ヶ月 510,434円 10,434円

※100万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
89,000円 12ヶ月 1,068,898円 68,898円
117,000円 9ヶ月 1,052,678円 52,678円
173,000円 6ヶ月 1,036,662円 36,662円
340,000円 3ヶ月 1,020,871円 20,871円

※150万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
135,000円 12ヶ月 1,602,284円 102,284円
180,000円 9ヶ月 1,577,293円 77,293円
260,000円 6ヶ月 1,554,913円 54,913円
510,000円 3ヶ月 1,531,306円 31,306円

新生銀行レイクで50万円・100万円・150万円借りた場合の金利

新生銀行レイクの金利は、年率18.0%になります。

※50万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
46,000円 12ヶ月 549,907円 49,907円
60,000円 9ヶ月 538,132円 38,132円
88,000円 6ヶ月 526,518円 26,518円
171,000円 3ヶ月 515,105円 15,105円

※100万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
92,000円 12ヶ月 1,099,820円 99,820円
120,000円 9ヶ月 1,076,267円 76,267円
176,000円 6ヶ月 1,053,040円 53,040円
342,000円 3ヶ月 1,030,211円 30,211円

※150万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
140,000円 12ヶ月 1,647,652円 147,652円
180,000円 9ヶ月 1,614,401円 114,401円
265,000円 6ヶ月 1,579,331円 79,331円
515,000円 3ヶ月 1,545,226円 45,226円

楽天銀行で50万円・100万円・150万円借りた場合の金利

楽天銀行カードローンの年率14.5%で計算した結果が、こちらです。

※50万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
45,000円 12ヶ月 540,138円 40,138円
60,000円 9ヶ月 530,222円 30,222円
87,000円 6ヶ月 521,335円 21,335円
171,000円 3ヶ月 512,120円 12,120円

※100万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
92,000円 12ヶ月 1,078,623円 78,623円
119,000円 9ヶ月 1,060,901円 60,901円
176,000円 6ヶ月 1,042,304円 42,304円
341,000円 3ヶ月 1,024,277円 24,277円

※150万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
136,000円 12ヶ月 1,619,597円 119,597円
180,000円 9ヶ月 1,590,684円 90,684円
264,000円 6ヶ月 1,563,458円 63,458円
512,000円 3ヶ月 1,536,399円 36,399円

オリックス銀行で50万円・100万円・150万円借りた場合の金利

オリックス銀行カードローンの金利、年率17.8%での計算結果になります。

※50万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
48,000円 12ヶ月 547,231円 47,231円
60,000円 9ヶ月 537,671円 37,671円
90,000円 6ヶ月 525,754円 25,754円
171,000円 3ヶ月 514,933円 14,933円

※100万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
94,000円 12ヶ月 1,096,526円 96,526円
122,000円 9ヶ月 1,074,242円 74,242円
178,000円 6ヶ月 1,051,967円 51,967円
342,000円 3ヶ月 1,029,868円 29,868円

※150万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
139,000円 12ヶ月 1,646,853円 146,853円
181,000円 9ヶ月円 1,612,474円 1,124,74円
265,000円 6ヶ月 1,578,406円 78,406円
514,000円 3ヶ月 1,544,758円 44,758円

じぶん銀行で50万円・100万円・150万円借りた場合の金利

じぶん銀行カードローンの最高金利、年率17.5%でのシミュレーション結果になります。

※50万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
46,000円 12ヶ月 548,364円 48,364円
60,000円 9ヶ月 536,986円 36,986円
88,000円 6ヶ月 525,744円 25,744円
171,000円 3ヶ月 514,677円 14,677円

※100万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
92,000円 12ヶ月 1,096,735円 96,735円
120,000円 9ヶ月 1,073,978円 73,978円
175,000円 6ヶ月 1,051,716円 51,716円
342,000円 3ヶ月 1,029,355円 29,355円

※150万円借りた場合
返済額 返済期間 返済総額 利息合計
139,000円 12ヶ月 1,644,096円 144,096円
181,000円 9ヶ月 1610424円 110,424円
265,000円 6ヶ月 1,577,019円 77,019円
514,000円 3ヶ月 1,543,989円 43,989円



会社員(サラリーマン)が審査に通った人と通らなかった人の口コミ

専業主婦の口コミ
三菱東京UFJ銀行のバンクイックで30万円借りました!
一応、サラリーマンをしているので、審査には通るだろうとは思っていましたが、やはり不安が残るので、専業主婦が利用できるバンクイックを選びました。 お金を借りる目的は車検費用をまかなうためですが、型が古いとはいえ、外車なので30万円はかかります。とても大切にしている車なので、なんとかしないと・・・というのが借り入れの理由です。

実際にバンクイックに申込みをした感想ですが、全般的にとても満足しています。審査の結果もすぐに連絡が入りましたし、カード発行までが非常にスムーズだったと思います。さすがは一流企業というのが、審査を受けてみた正直な感想です。

また、毎月の返済についても、勤務先近くのコンビニで返済できるのが便利だと思います。口座引落では、残高不足が気になってしまいますし、銀行振込は、とてもではないけど不便です。近くのコンビニで返せる、というのがバンクイックの最大の魅力だと思ってます。
専業主婦の口コミ
レイクで旅行費用の借り入れに成功しました!
彼女と旅行に行くための費用20万円をレイクから借入れできました。

会社員をしているとはいえ、中小の零細企業なので、正直、申込み前は審査に通るか不安でいっぱいでした。実際に新生銀行のホームページからレイクに申込んだところ、約1時間後に「限度額40万円に決まりました」というお知らせがありました。

新生銀行レイクを選んだのは、やはり、無利息サービスが充実していたからです。銀行カードローンにしては、金利がやや高水準ですが、来月のボーナス支給時に一括返済をする予定なので、あまり気にはなりません。 レイクに申込む前は、「お金が用意できなければ、彼女にフラれる・・・。」という不安でいっぱいでしたが、今は、旅行の計画を立てたり、楽しい時を過ごせています。
旅行費用のための借入れというのは珍しいケースかもしれませんが、自分を信用してお金を貸してくれるということが、どれほどありがたいことか身にしみて分りました。
専業主婦の口コミ
三井住友銀行のカードローンで家賃代を借りました!
今月は、会社の同僚の結婚式が立て続けにあり、あまり貯金をしていなかったので、家賃の支払いができない状況になってしまいました。理由が同僚の結婚式なので、さすがに先輩などに借金を頼むこともできず、三井住友銀行のカードローンに申込むことにしました。

三井住友銀行のカードローンを選んだのは、在籍確認の電話が万一、銀行名で名乗られたとしても大丈夫だと判断したからです。もし、在籍確認の電話で同僚に怪しまれそうになったら、「お得意先にクレジットカードの申込みを頼まれた!」というつもりでした。

三井住友銀行からの審査の連絡は、1時間もしないうちにあったと思います。限度額20万円に決まりましたが、今回は、家賃支払いのための8万円だけ使わしてもらうことにします。
8万円のローン返済が終わったら解約するつもりでしたが、ローンカードを持っておく安心感のために契約を残しておこうかとも考えています。
専業主婦の口コミ
モビットに申込みましたが希望額以下でした・・・
専業主婦はお金が借りられないと聞いていましたが、銀行カードローンに申込んだら、意外とすんなり審査にとおってしまいました。

カードの限度額は10万円まででしたが、審査にとおったときは、本当に嬉しかったのを覚えています。

カードローンの利用は旦那に内緒にしていましたが、ローンの申込みは旦那にバレずに済んでいます。
延滞すると旦那にバレてしまいそうなので、毎月の返済も頑張っていこうと思います。
専業主婦の口コミ
サラリーマンなのにプロミスの審査に落ちてしまいました!
プロミスは、アルバイトやパートでも申し込めるという説明だったのに、サラリーマンの私は、カードローンの審査に落ちてしまいました。プロミスのカードローンに申込みをしたのは、生活費のためですが、審査に落ちてしまったので、銀行のカードローンにでも申し込もうと思っています。
あと、もしかすると、これまでの別会社のローンやクレジットカードの支払い状況に問題があるかもしれないので、念のため信用情報機関のデータを取りよせてみようと思います。審査に落ちてしまった後なので、なんというか、信用情報機関の情報開示も「悪いことが記録になっていたら・・・」と不安になってしまいます。
専業主婦の口コミ


このページのまとめ

会社員・サラリーマンをしている方なら、カードローンの審査にとおらない、ということは少ないと思います。アルバイトやパート勤務の人も利用していますので、まずは、自信を持つことが重要です。 カードローンを選ぶ際は、消費者金融と銀行カードローンの違いについて考え、自分に合ったサービスを選ぶと良いと思います。 また、半年以内の短期間で返済する予定の方は、金利で比較するよりも「無利息」を選んだほうが有利な場合があります。カードローン会社のサイトにある「返済シミュレーション」を利用して、金利負担の違いについて確認してみてはいかがでしょうか。

思わぬ出費が重なった!そんな時は

会社員・サラリーマンなら毎月決まった日に給料が入ってきますから、その範囲でやりくりして生活をしていきます。しかし、思わぬ出費が重なったとか、何か大きな買い物をする時にお金を借りなければならないこともあります。
会社員・サラリーマンがお金を借りたい場合、どこでどうやって借りるのが良いのでしょうか。すぐにお金が必要だ、という場合はクレジットカードに付帯しているキャッシング枠を利用して借りることができます。しかし、ショッピング枠しかないカードしか持っていないのならキャッシングはできません。その場合は、キャッシング専用のカードを作って借りることになります。

銀行でローンカードというのを作ってもいいのですが、即日発行してもらうのは難しく、すぐにお金を借りる時には向きません。とにかく急ぐ時は消費者金融に申し込むと良いです。

消費者金融でお金を借りる時に気をつけること

どこでお金を借りるにしても、審査があります。消費者金融ではすぐにカード発行ができ(専用のATMを使ったら)、お金も借りられますが審査はきちんとしています。
会社員・サラリーマンの場合は会社の規模や勤続年数などがチェックされますし、確かに在職しているか確認されることがあります。正社員として勤めているのなら、特に問題なく借りられますので過剰に心配することはありません。
しかし、他に何件か借入があるのならその金額によっては審査が不可となる場合があります。当然のことながら、金融会社は貸したお金がきちんと返してもらえるかがポイントなので、他にたくさん借金がある人には貸すのは慎重になるものです。

いくら「絶対返す」と言っても何があるかわからないものです。多くの借金を抱え、返済が難しくなってしまう例がたくさんあります。
ですからあちこちからお金を借りる時は、きちんと返済計画を立てるようにしたいものです。きちんと会社勤めをしているのだから大丈夫、自分はきちんと返せる、と思い込むのは危険です。お金を借りる時は、必要最小限の額にしましょう。

審査で聞かれることは

最近は、消費者金融でお金を借りる時、インターネットで申し込みができるようになっています。住所、氏名、勤務先などをすべて入力し、申し込みをするとその会社から電話がかかってきます。

本人確認をしなければならないからです。
聞かれることは、申込書に入力した内容のことや、自分がしている仕事内容、お金の使いみちなどです。
在職確認が行われますが、個人名で会社に電話が入りますので会社の人に借金申し込みがばれることはありません。

関連する記事一覧

審査になかなか通らない人!
このページでは、キャッシング・カードローンの審査に通らずに困っている人に向けて、審査に通らない原因とその解決方法をお伝えしています。 [続きを読む]