ろうきんの『マイプラン』でお金を借りる!審査の通過条件を徹底検証!


『ろうきん』というのは、労働組合や生協などの労働者による相互扶助を目的とする、共同組織の金融機関のことです。茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨の関東1都7県を営業エリアにしているのが中央ろうきんで、他にも全国に13のろうきんがあります。

ろうきんと銀行・消費者金融との違いは、ろうきんが営利を目的としていないことです。労働者どうしがお互いに助け合うことを目的とし、利益を得るための団体ではありません。ただし、この場合の労働者というのは、あくまでも生協会員や団体会員の構成員の方、および、構成員と生計が同じ家族の方のことです。

つまり、ろうきんのマイプランというのは、生協会員や団体会員の構成員の方、および、構成員と生計が同じ家族の方のためのカードローンのサービスということになります。

目次
以下の水色の字をクリックして、気になる記事に移動することもできます。

「マイプラン」のスペック
消費者金融・銀行・信用金庫との比較
マイプランのメリット、デメリット
ろうきんの審査に通る条件・ポイントとは?
ろうきんカードローン審査に落ちる原因は何?
ろうきん会員になるにはどうすればいいの?
このページのまとめ
ろうきんでお金を借りた人の体験談

「マイプラン」のスペック

金利 団体会員の構成員:3.875~7.075%
生協会員の組合員およびその家族:4.275%~7.475%
一般の勤労者:5.275%~8.475%
保証料 団体会員の構成員…0.8%
生協会員の組合員およびその家族:1.2%
一般の勤労者:1.2%
限度額 300万円
申込資格 満18歳~65歳未満
勤務先(住居)が中央ろうきんの営業区内にある
同一勤務先に1年以上勤務している(自営業など給与所得者以外は3年以上)
収入が安定・継続している
年収150万円以上

消費者金融・銀行・信用金庫との比較

カードローン カードローン金利 限度額 審査時間 融資までの時間 必要書類 申込資格
ろうきん ・団体会員の構成員:3.875%~7.075%
・生協会員の組合員およびその家族:4.275%~7.475%
・一般の勤労者:5.275%~8.475%
最高500万円(所属会員により異なります。) 不明 不明 営業店までお問合わせ ・お申し込み時の年齢が満18歳以上で、最終ご返済時が満76歳未満の方
・同一勤務先に1年以上勤務されている方(自営業者等の給与所得以外の方は原則として3年以上)
・安定継続した年収(前年税込み年収)が150万円以上ある方
プロミス(消費者金融) 4.5%~17.8%(実質年率) 500万円まで 最短30分 最短即日 本人確認書類(希望額が50万円超で収入証明書類も必要) 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
バンクイック(銀行カードローン) 年率1.8~14.6% 500万円まで 最短30分 最短即日 本人確認書類(希望額が200万円超で収入証明書類も必要) ・年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人の方
・原則安定した収入がある方
・保証会社(アコム(株))の保証を受けられる方
ちゅうしんきゃっする(京都中央信用金庫) 6.0%~14.5% 800万円 原則として当日中(審査結果は平日15:00までにお申込の場合) 10日~2週間 本人確認書類(希望額が510万円超で収入証明書類も必要) ・契約時年齢満20歳以上65歳以下の方
・安定した収入のある方(アルバイト、パート、専業主婦の方もお申込いただけます)
・当金庫にキャッシュカード発行済の普通預金口座を開設されている方、または、ご契約までにキャッシュカード発行をともなう普通預金口座を開設いただける方
・お住まいまたはお勤め先が当金庫の営業区域内の方
・信金ギャランティ株式会社の保証が受けられる方


マイプランのメリット、デメリット

メリット

マイプランのメリットは、やはり、営利を目的としていないので金利が低いことにあります。最高でも年率8.475%のカードローンになりますので、カードローンのサービス中では、もっとも金利が低いサービスの1つになります。

デメリット

逆に、マイプランのデメリットは、団体会員の構成員の方、生協会員の組合員および同一生計家族の方、一般の勤労者とで、サービスの内容に違いがあることです。一般の勤労者が利用するときに、「同じサービスなのに、自分だけ金利が高い!差別されている!」と感じるのが、デメリットではないかと思われます。

マイプランはこんな人におすすめ

マイプランがおすすめなのは、やはり、中央労働金庫に出資している団体会員や生協会員の方です。用意する書類が少なくて済み、金利も優遇されていますので、有利な条件で借入れできます。
一般の労働者が100万円までしか借りれないのに対し、最高500万円までは、収入証明書なしでの申込みも可能です。

ろうきんの審査に通る条件・ポイントとは?

自分が属する区分を確認!

ろうきんのカードローンを検討している場合は、まずは、自分が属している区分を確認することが重要です。 団体会員の構成員というのは、中央労働金庫に終始している、
(1)労働組合
(2)国家公務員・地方公務員等の団体
(3)勤労者のための福利共済活動を目的とする団体

に属している方です。

生協会員の組合員というのは、同様に中央労働金庫に終始している、生協のうち、生協組合員融資制度を導入している生協の組合員および同一生計家族の方のことです。

団体会員の構成員、生協会員の組合員に該当しない方は、一般の勤労者という扱いになります。ただし、団体会員の構成員、生協会員の組合員に該当しないだけでなく、関東1都7県(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨)に住んでいるか、あるいは、お勤めをしていることが条件になります。

勤務形態、年収や勤続年数、年齢

ろうきんのカードローンを利用するためには、勤務形態は問いませんが、

・同一勤務先に1年以上勤務していること(自営業者は3年以上)
・年収が150万円以上あること

が必要になります。

年齢については、満18歳以上76歳未満なら申し込めますが、未成年者の場合は、法定代理人の同意が必要になります。

ろうきんカードローン審査に落ちる原因は何?

ろうきんの審査に落ちる原因とは?

ろうきんの審査基準は、一般に公表されていませんが、

・信用情報機関の登録データに延滞や債務整理が登録されている
・申込条件を満たしていない
・審査でウソをついた
・年収に対する希望額が多い

などが理由になります。

すでにローンを延滞している場合も、審査落ちの原因になりますので、申込み前に延滞を解消しておくことが重要になります。

ろうきん会員になるにはどうすればいいの?

会員のしくみ

ろうきんの会員は、「労働組合の組合員の方」、「生協の組合員の方」、「一般の勤労者の方」、「組合員OBの方」の4種類で構成されています。
ろうきんの会員になっていない場合でも、関東1都7県(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨)に済んでいるか、あるいは、仕事をしていれば、会員になることができます。
一般の勤労者の方は、会員となっても利用できないサービスがありますが、カードローンのマイプランなどは、利用できる可能性があります。

会員のメリット

ろうきんの会員になると、カードローンのマイプランをはじめ、中央労働金庫のサービスが受けられます。
カードローン以外の住宅ローンやリフォームローン、教育ローンなども利用できるようになります。さらに、預金口座を開設してインターネットバンキングやテレフォンバンキング、WEBをお知らせサービスなどを利用することも可能になります。
さらに、インターネットを利用したセキュアなファイル交換サービス「クリプト便」が24時間・365日いつでも使えるようになります。宅配便等を利用してDVDなどを送る必要がなくなりますので、経済的なメリットも大きくなるのではないでしょうか。

このページのまとめ

ろうきんのマイプランは、中央労働金庫の会員が利用できるカードローンです。銀行や消費者金融のカードローンの金利と比較すると、非常に低金利となっているのが大きな特徴です。
申込み資格に年収の制限があったり、お住まいの地域(お勤め先)などに制限がありますが、利用できる場合は、非常に有利な条件で借入れできることになります。

ただし、ろうきんのカードローン「マイプラン」は、融資を受けるまでに1ヶ月近くかかることもあります。消費者金融のような最短30分の審査はもとより、即日融資ができないデメリットもありますので、十分に検討した上で利用するようにしてください。

ろうきんでお金を借りた人の体験談

借入れできましたが、時間がかかりますね!

自動車の車検費用を借りようと思い、ろうきんのマイプランに申込みをしました。ろうきんのマイプランを選んだのは、カードローンの金利が低金利だったからです。 銀行カードローンや消費者金融も検討しましたが、高い金利に不安があったので、一番金利が低いろうきんのマイプランを選んだというわけです。

ところが、実際に審査を受けてみて分かりましたが、審査結果が分かるまでに1週間以上、その後、カードが郵送されるまでに2週間近くもかかりました。申込完了からトータルで1ヶ月近くかかっていますので、「これだったらオートローンを利用すれば良かった!」というのが正直な感想です。

無事に借入れできて良かったとは思いますが、もう少しに迅速な手続きができるといいですね。

関連する記事一覧

生活福祉資金貸付制度とは
生活福祉資金制度は、所得の低い方、高齢者、障害のある方の生活を支えるための貸付制度です。国による融資制度の1つになりますが、一般には、都道府県社会福祉協議会が実施主体となり、市区町村役場が窓口となっていることが多くなります。 [続きを読む]