1・3・5万円だけお金を借りたい!少額融資におすすめのカードローンを比較


1万円~5万円程度の少額の借入れは、カードローンを利用するのがおすすめです。少なすぎる金額だから・・・と思うかもしれませんが、むしろ、5万円以下の少額融資を希望している方が非常に多くなります。

1万円~5万円くらいの金額を借りるときのポイントは、
・無利息キャッシングを選ぶ
・1,000円単位で借りれるカードローンを選ぶ
の2つになります。

5万円以下の借入金額なら返済期間も短いと思いますので、無利息期間があるカードローンを選ぶだけで、金利の負担が大幅に減ります。プロミスやアイフル、アコム、新生銀行カードローンのレイクなどに無利息期間がありますので、その中から自分に合ったサービスを選ぶのもいいのではないでしょうか。

また、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行のカードローン、アイフルやプロミス、モビットなどを選べば、1,000円単位での融資が可能です。借りる金額が少ない場合は、1,000円単位で借入れすることで、利息の負担を最小限にできるのが大きなメリットになります。

目次
以下の水色の字をクリックして、気になる記事に移動することもできます。

少額の借り入れに向いているのは消費者金融・銀行カードローンどっち?
3万円生活費をちょっと借りたい・・・専業主婦でも借り入れはできる?
クレジットカードのキャッシング枠を使った少額融資は本当にお得?
口コミ体験談


少額の借り入れに向いているのは消費者金融・銀行カードローンどっち?

消費者金融・銀行カードローンのスペックについて

消費者金融と銀行カードローンの違いは、「総量規制」などになります。収入証明書については、希望額が1万円~5万円で借入れが初めてなら、必要になることはありません。
総量規制は、融資の上限額を年収の3分の1までにする、という法律の仕組みです。アルバイトやパートの収入があればいいですが、専業主婦などは、銀行のカードローンからサービスを選ぶようにしてください。

カードローン 審査時間 融資までの時間 金利
アイフル 最短30分 最短即日 年率4.5%~18.0%
アコム 最短30分 最短即日 年率3.0%~18.0%
プロミス 最短30分 最短即日 年率4.5%~17.8%
モビット 最短30分 最短即日 年率3.0%~18.0%
三井住友銀行カードローン 最短30分 最短即日 年率4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン 最短30分 最短即日 年率1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 最短即日 最短即日 年率3.0%~7.0%<br />エグゼクティブプランの場合
新生銀行カードローン レイク 最短即日 最短即日 年率4.5%~18.0%

1万円~5万円を借入れした場合のシミュレーション

1万円や3万円・5万円くらいの小額を希望する方の多くは、「返済額がいくらになるのか?」という点を気にすると思います。少ない金額の借入れでも一括返済ではなく、分割して払いたい状況の方もいるからです。
金融機関ごとの1万円~5万円の借入れに対する返済額を表にまとめましたので、カードローン選びの参考にしてみてください。
カードローン 上限金利 1万円~5万円の借入れに対する返済額
アイフル 年率18.0% 4000円(約定日制)
アコム 年率18.0% 5000円
プロミス 年率17.8% 4000円
モビット 年率18.0% 4000円
三井住友銀行カードローン 年率14.5% 2000円
三菱東京UFJ銀行カードローン 年率14.6% 3000円
みずほ銀行カードローン 年率14.0% 10000円
新生銀行カードローン レイク 年率18.0% 3000円
1万円~5万円の借入れに対する返済額は、2,000円~10,000円と大きく異なっています。無利息サービスの有無を検討するとともに、返済額についても、自分に合ったサービスを選ぶようにしましょう。

1万円~5万円借入れしたときの利息はいくら?

初めてのキャッシングの場合は、カードローンの利息についても不安があると思います。カードローンの利息は、「利息=借入額×カードローン金利×利用日数÷365日」で計算します。
1万円・3万円・5万円の場合について利息を計算してみましたので、ローンの負担の大きさについても確認しておくようにしましょう。
※年率18.0%で計算した結果
借入額 1日あたりの利息 7日あたりの利息 30日あたりの利息
1万円 4円 34円 148円
3万円 14円 103円 443円
5万円 24円 172円 739円
※年率14.0%で計算した結果
借入額 1日あたりの利息 7日あたりの利息 30日あたりの利息
1万円 3円 26円 115円
3万円 11円 80円 345円
5万円 19円 134円 575円


3万円生活費をちょっと借りたい・・・専業主婦でも借り入れはできる?

専業主婦でも借入れは可能です!

お勤めをしていない専業主婦でも1万円~5万円くらいのお金を借りることは、不可能ではありません。銀行カードローンのサービスのなかから、専業主婦の利用が認められているものを選ぶだけです。
勤務先の在籍確認の電話や収入証明書の提出、旦那の同意も必要ないのがほとんどです。専業主婦のお金の借入れについては、次のリンク先の情報を参考にしてください。

クレジットカードのキャッシング枠を使った少額融資は本当にお得?

クレジットカードのキャッシング枠とは?

クレジットカードには、「ショッピング機能」と「キャッシング機能」の2つの機能があるのが一般的です。ショッピング機能は、買い物をするときの商品代金の信用払いをするための機能です。これに対して、キャッシング機能というのは、カードローンと同じ使い方になります。
分りやすく言うなら、クレジットカード会社に対して、キャッシング機能の付加を依頼すれば、カードローンと同じようにお金が借りれるようになるということです。

クレジットカードは総量規制対象外?

クレジットカードのキャッシング枠の利用で注意しなければならないのは、総量規制の影響がある点になります。総量規制は、クレジットカード会社を含む「貸金業者」を対象とする融資の上限額の規制です。
お勤めをしていない専業主婦がショッピング枠を利用できないのはもちろん、借入れできたとしても、年収の3分の1が上限になる点に注意するようにしてください。

審査後にクレジットカードの利用停止になることも・・・

クレジットカードのキャッシング枠の利用では、「審査のリスクが大きい」のが一番の問題になります。
一般的なカードローンの申込みでは、
 ・融資が認められる
 ・融資が受けられない

のどちらかですが、クレジットカード会社の審査では、
 ・融資が認められる
 ・融資が認められない
 ・ショッピング枠が減らされる
 ・ショッピング枠が使えなくなる

のいずれかの結果となります。

審査に自信がある場合は別ですが、一般的には、リスクが大きいので、カードローンに別途申込む方法でお金を借りています。クレジットカード会社からキャッシング機能の案内が来ていない場合は、安易に申込みをするのは、おすすめできません。

口コミ体験談

専業主婦の口コミ
新聞購読料の支払いのために1万円借りました!
購読している新聞代の支払いのために、消費者金融のプロミスから1万円を借りました。
本来であれば、紙の新聞なんて読むつもりはなかったのですが、購読する代わりに電子レンジをくれるというので3年契約で申込んでしまったのが失敗の原因です。

だんだんと生活が苦しくなってきて、新聞代の支払いを3ヶ月分も貯めてしまいました。頻繁に新聞の集金スタッフが訪問するようになり、そのたびに居留守を使うのが嫌になったので、思い切ってプロミスから借りることを決意しました。

プロミスに申込んだ感想ですが、やはり審査が早いのと、30日間無利息があるのがいいですね。

スマートフォンで申込みをしてから約1時間でカードが受け取れましたので、あっという間だなぁ~という印象です。今後は、節約できるところを節約して、プロミスの支払いもしていこうと思います。
専業主婦の口コミ
家賃支払いのために5万円をアコムから借りました!
どうしても今月の家賃引き落としに2万円ほど不足していたので、思い切って競艇に行きましたが、3万円も負けてしまいました。。。
もうどうにもならない・・・と思い、前々から検討していた消費者金融アコムのカードに申込みをしました。アコムを選んだ理由ですが、大手の消費者金融という安心感が大きかったからです。本来なら銀行のカードローンの方が安全性が高いのかもしれませんが、アルバイト勤務の私には、ちょっと敷居が高いような感じです。
アコムの審査結果ですが、アコムからの回答は「限度額20万円」と言われました。申込みをしてから40分くらいで回答の電話があったと思います。その日のうちにアコムカードを受取りに行き、銀行に入金できたときは、本当に安心しました。
これまで何度かお金が不足する・・・ということはありましたが、引き落としに間に合わないというのは、今回が初めてです。もう二度と、こんな思いをしたくないので、できるだけ節約して身の丈に合った生活をするように心がけます!
専業主婦の口コミ
学習塾の授業料支払いのために2万円借りました!
シングルマザーで派遣社員をしています。子供の教育費だけは、何としてでも捻出しないと・・・と思っていましたが、どうしても塾代の引き落としが間に合いそうになかったので、みずほ銀行カードローンに申込みをしました。

みずほ銀行カードローンを選んだのは、いつもみずほ銀行を利用していて、銀行口座も持っていたからです。希望額が少ないので収入証明書は必要ありませんでしたが、毎月の給料振込のデータが銀行にあるはずなので、自己申告する収入(年収180万円ほど)を信じてもらえると思ったからです。
審査の結果は、申込みをした次の日にありましたが、希望どおりの限度額10万円で利用できることに決まりました。
いつも利用しているキャッシュカードで借りれるので、カードの枚数が増えないのがいいと思います。頻繁に借入れするわけでもありませんし、万一、カードを紛失したときが面倒なので、カードレスで借りれるくらいがちょうどいいんじゃないでしょうか?


関連する記事一覧

楽天銀行カードローンでお金を借りる方法
楽天銀行では、楽天銀行スーパーローンというカードローンが有名です。楽天銀行スーパーローンは金利の低さや限度額の大きさなどから、最近注目されるようになったカードローンです。[続きを読む]