総量規制対象外(銀行カードローン)でキャッシングする方法

現在、総量規制対象外というルールが見直され始めています。銀行では、年収の3分の1以上の借り入れが可能だとして、消費者金融でお金を借りることができなかった人が銀行に流れているというケースが多く、問題視されることが多くなりました。こうした問題は国会でも取り上げられ、各銀行は、『自主的な規制』を求められ、金融庁なども各銀行の動向に注目しています。これからは、銀行カードローンの審査が厳しくなることが予想されます。以下、毎日新聞の記事の引用です。
銀行の個人向けカードローンの残高が急増し、過剰融資を懸念する声が強まっている。消費者金融並みの高金利である一方、貸金業法で定められた融資額の制限(総量規制)が適用されず、多重債務対策の抜け穴になりかねないためだ。銀行業界は3月に融資審査の強化を申し合わせたが、「自主規制でどこまで効果があがるのか」と厳しい視線が注がれている。【小原擁】

 銀行のカードローンの残高は、貸金業法改正で貸金業者に「年収3分の1まで」との総量規制が導入された2010年6月以降、急速に増加。16年末は5兆4377億円で、10年3月末比65%も膨らんだ。特に日銀が大規模金融緩和を始めた13年以降、各行は高い金利を得られるカードローンをこぞって強化。一部地銀にとっては主力商品に成長した。

 だが、急増するカードローンは「新たな多重債務の温床」との批判が強まっている。日本弁護士連合会が昨年6~7月にカードローン利用者を対象に実施したアンケート(153件)によると、貸金業者と銀行の合計借入額が年収の3分の1を超えていたケースは、約6割の95件に達した。さらに16年の自己破産申立件数は前年比1・2%増の約6万4600件で13年ぶりに増加に転じており、日弁連は「カードローン増加が影響している可能性が高い」と指摘する。このため日弁連は昨年9月、「借り手保護の観点から、銀行カードローンも総量規制すべきだ」との意見書を公表した。

 聖学院大政治経済学部の柴田武男教授は「実態は消費者金融と変わらないのに、銀行から借りることで利用者の抵抗感が減り、むしろ多重債務者を増やすことにもなりかねない」と問題点を指摘する。

 こうした声を受け、全国銀行協会は3月、各行が広告宣伝や審査体制を自己点検し、見直すと申し合わせた。小山田隆会長(三菱東京UFJ銀行頭取)は3日の記者会見で、「申し合わせを実効性のあるものにしたい」と強調。一方、総量規制に関しては「一律、機械的にというのはなかなか難しい」と慎重な姿勢を示した。金融庁も「自主規制の効果を注視する」として現時点では静観の構えだ。

 日弁連多重債務問題検討ワーキンググループの三上理(おさむ)事務局長は「マイナス金利で銀行の収益環境が厳しい中、高利の銀行カードローンの貸し出しが申し合わせだけで減るとは考えにくい。制度の見直しが必要だ」と指摘する。 参照:毎日新聞:膨張 「過剰融資」懸念広がる 総量規制適用外


これ以下の記事は、情報が古くなっております。2017年4月28日現在、以下のとおりでない場合がありますので、ご注意ください。また、以下の情報に関しては一切の責任を負いかねます。
 
※総量規制対象外(銀行)カードローンは

年収の3分の1を超える借入れができる
収入がない専業主婦(主夫)も借入れできる

他にもこんなにメリットがいっぱい!総量規制対象外でお金を借りる!

専業主婦の口コミ
専業主婦も銀行カードローンで新規借り入れ可能!
すべての銀行カードローンに申し込めるわけではありませんが、専業主婦が申し込めるカードローンがあるのも事実です。
即日融資に対応している銀行カードローンを選べば、専業主婦でも今日中にお金を受取ることが可能になります!

専業主婦の方のページも参考にしてください。
個人事業主も総量規制対象外でお金を借りれる!
個人事業主も総量規制対象外でお金を借りれる!
個人事業主も総量規制対象外なら、高額融資が見込めます。消費者金融のカードローンは、最高でも年収の3分の1までのお金しか借りることができません。総量規制対象外の銀行カードローンを選べば、個人事業主の高額融資も期待できるようになります。

個人事業主の方のページも参考にしてください。
おまとめローンは総量規制対象外で借りるのがお得!
おまとめローンは総量規制対象外で借りるのがお得!
複数ローンのおまとめは、総量規制対象外カードローンを選ぶのも1つの方法です。総量規制対象外なら限度額の範囲内で自由に借入れできます。複数ローンを一本化することで、金利負担を最小限にすることも可能ではないでしょうか。

おまとめローンについてまとめたページも参考にしてください。

【体験談】総量規制対象外でお金を借りることができました!

専業主婦の口コミ
専業主婦でもカードローンの審査に通りました!
専業主婦はお金が借りられないと聞いていましたが、銀行カードローンに申込んだら、意外とすんなり審査にとおってしまいました。

カードの限度額は10万円まででしたが、審査にとおったときは、本当に嬉しかったのを覚えています。

カードローンの利用は旦那に内緒にしていましたが、ローンの申込みは旦那にバレずに済んでいます。延滞すると旦那にバレてしまいそうなので、毎月の返済も頑張っていこうと思います。
専業主婦の口コミ
年収の3分の1以上借りれました!
年収300万円ほどしかありませんが、総量規制対象外カードローンで150万円の限度額が認められました。
申込みをする前は、「さすがに難しいかな。。。」と思っていましたが、意外にも簡単に借りれてしまった・・・という感じです。

カードローンの利用目的はまだ決めていませんが、今度、何かに利用してみたいと思います。高額な商品を購入するときに分割払いにできるので、審査にとおって本当に良かったと思います。
専業主婦の口コミ
三井住友銀行カードローンで50万円借りました!
友達から借りていた借金返済のために、三井住友銀行カードローンで50万円を借りました。
年収は150万円以上ありますが、総量規制対象外は銀行のサービスなので、安心感が大きいという理由で選んでみました。

審査を受けてみた感想ですが、三井住友銀行は、さすがに審査が早いですね。最短30分という説明でしたが、私の場合は35分~40分くらいで、カードローン審査の結果の連絡がありましたよ。

総量規制に関するよくある質問をまとめました!

目次
以下の水色の字をクリックして、気になる質問まで移動することもできます。

総量規制対象外でも即日融資は可能なのか?
銀行カードローンは総量規制対象外となる訳とは?
総量規制の対象とならない借入にはどんなものがあるのか?
総量規制対象外でお金を借りるメリット・デメリットとは
総量規制対象外のキャッシング審査は甘いのかどうか

総量規制対象外でも即日融資は可能なのか?

可能です!
ただし、以下のことに気をつけましょう!

自動契約機があることを目安に選ぶ!

総量規制対象外で即日融資を希望している場合は、自動契約機が用意されているカードローンを選ぶのがおすすめです。 自動契約機が用意されていれば、審査の終了後、当日中のカード発行が受けられます。銀行にもよりますが、夕方以降の申込み、土日や祭日の申込みにも対応しているカードローンがありますので、夜間や土日・祭日の即日融資も不可能ではありません。三井住友銀行カードローン新生銀行カードローン レイクが該当します。

できるだけ早めに申込む!

即日融資を希望している場合は、「できるだけ早めに申込む」ということが重要です。
カードローンの審査は、申込みが完了した順番に審査を行います。必要書類を早急に用意し、申込手続を済ませれば、その分だけ即日融資に成功できる可能性が高くなります。

即日融資を受ける際の注意点!

銀行カードローンで即日融資を受ける場合は、
即日融資と即日審査の違いを理解する
返済シミュレーションで返済計画を考える という点に注意してください。
まず、即日融資が可能という場合は、申込み~お金の受取りまでが、最短即日で完了するという意味です。これに対して、最短で即日審査という場合は、申込み~審査終了までが即日という意味です。即日審査でも、お金の受取りまでに1週間近くかかるカードローンもありますので、ホームページの説明を十分に確認することが重要になります。

銀行カードローンは総量規制対象外となる訳とは?

総量規制は、「貸金業法が規制している貸金業者」を取り締まるための仕組みです。貸金業者は、銀行以外のノンバンク、つまり、消費者金融会社やクレジットカード会社、信販会社などのことをいいます。
銀行は、銀行法による規制を受けていますが、貸金業法の規定は受けていませんので、必然的に総量規制対象外となります。

総量規制の対象とならない借入にはどんなものがあるのか?

総量規制は、「貸金業者によるキャッシング」を規制するものですので

クレジットカードのショッピングの利用
銀行カードローンの借入れ
信販会社によるショッピングの借入残高
自動車ローン
住宅ローン

などは、すべて対象ではありません。

総量規制対象外でお金を借りるメリット・デメリット

メリット

高額融資が受けられる可能性がある
消費者金融よりも低金利のサービスがある
収入証明書の提出条件が穏やか

などがあります。

まず、年収の3分の1超の融資ができるので、高額融資が受けられる、というのが大きなメリットになります。カードローンのおまとめや自動車の購入、海外旅行の目的など、まとまった金額が必要な場合にも対応できます。

また、銀行のカードローンは、消費者金融よりも低金利であることが多いので、金利負担が少ないというメリットがあります。金利負担が少なければ、返済期間を短くできたり、毎月の返済額を少なくすることも可能です。

さらに、総量規制対象外カードローンは、収入証明書の提出条件も穏やかになります。消費者金融が50万円超の希望額で必要になるのに対し、銀行カードローンなら「300万円まで収入証明書不要」というものもあるくらいです。

デメリット

毎月の返済額が少ない
返済不能となる恐れがある


などが考えられます。

総量規制対象外の銀行カードローンでは、消費者金融と比較すると、毎月の返済額が少なめに設定されていることがあります。返済額の少なさは、メリットとしてとらえることもできますが、返済期間が長くなり、結果として金利負担が大きくなる可能性があります。

また、そもそも総量規制は、金融機関による過剰貸付を防止することを目的とした仕組みです。規制の対象外の金融機関からの借入れになりますので、返済不能なほどの借入れになる危険性があるのは事実になります。

総量規制対象外のキャッシング審査は甘いのかどうか

一般にカードローン審査の厳しさは、金利の低さで評価できると考えられます。金利が高ければ、審査の基準がゆるく、低金利になるほど審査が厳しくなるということです。
総量規制対象外カードローンでは、消費者金融と同程度の金利水準も場合もあれば、消費者金融の半分程度の金利となっていることもあります。
審査が甘いと思われるサービスもあれば、厳しいと思われるサービスもある、ということではないでしょうか。

関連する記事一覧

会社員・サラリーマンがお金を借りる
会社員(サラリーマン)が誰にもバレずにお金を借りるには、勤務先と家族にバレるタイミングを理解しておく必要があります。[続きを読む]
専業主婦(主夫)のキャッシング
「仕事をしていない専業主婦でも借り入れできるのか?」と思うかもしれませんが、専業主婦でもキャッシングの利用は可能です。ただし、借り入れできるカードローン会社は限られていて、一部の銀行カードローンが利用できます。 [続きを読む]