アイフル・SMBCモビットの審査の違いは?

アイフル・SMBCモビットの審査の違いは?両方とも有名な大手消費者金融ですがどちらにしようか悩む人の為にアイフル・SMBCモビットの審査の違いや両者の特徴をまとめています。
  • アイフル・SMBCモビットの審査の違いは?
  • カードローンでお金を借りたいけど、審査に通過できるか心配
  • アイフル・SMBCモビットならどっちが審査に通りやすい?

審査には自身のステータスや信用情報など様々な項目をチェックされるので、審査通過できるのか心配になる気持ちはよく分かります。

カードローン

そこで今回の記事では、実際に大手カードローンであるSMBCモビット、アイフルの審査通過率を確認、比較しながら、どのカードローンが最も審査を通過させやすいのか確認していきましょう。

審査通過率の高いカードローンを選ぶことは、融資成功のための良い方法の一つと言えますよ。

アイフル・SMBCモビットの審査通過率

point!
チェック審査通過率とは、「申込者に対して何%の人が審査に通過したのか」という比率のことを言います。
例えば100人の申込者がいて、50人が審査通過したとすれば、50人/100人=0.5となるので、50%の審査通過率となります。

大手消費者金融や一部銀行は審査通過率を公表している

アイフルのような大手消費者金融や銀行では、株主に対しての業績報告の中で、審査通過率を公表しています。

金融業者によっては「承認率」や「成約率」などと表記されている場合もあるのですが、どれも審査通過率とほぼ同じ意味です。

アイフルの審査通過率

大手消費者金融会社のアコム、アイフル、アイフルは月別に契約率のデータを公表しています。そこで2018年7月から12月までの半年間を見てみましょう。

アイフル 即日融資も可能【30~40代に人気】
アイフル公式へ
審査が不安なら1秒借入診断♪
  • 実質年率 3.0%~18.0%
  • 審査スピード 最短30分
  • WEB簡潔で誰にもバレずカード受取
  • 初めての人は30日間金利が0円!
  • 即日融資も可能!女性にも人気が高い

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

アイフル
2018年7月45.3%
2018年8月46.0%
2018年9月46.3%
2018年10月45.9%
2018年11月45.5%
2018年12月42.8%
6か月平均45.3%

審査通過率で選ぶならアイフルはおすすめ

上記のように審査難易度で選ぶならおすすめはアイフルとなっています。

アイフルは若い世代の方に人気のカードローンです。さらにアイフルでは女性専用アイフルレディースカードローンもあり、カードローンの利用が初めてで不安な女性をしっかりとサポート。
カードローンの審査難易度が低いだけではなく、女性支持率の高さもアイフルの特徴です。

SMBCモビットの審査通過率

SMBCモビットは審査通過率を残念ながら公表していません。
そのため、審査通過率を基準としてカードローンを選ぶ人には少し不利な条件となるかもしれません。

SMBCモビット 即日融資も可能【30~40代向け】
SMBCモビット
10秒で簡易審査結果表示♪
  • 実質年率 3.0%~18.0%
  • 審査スピード 最短即日
  • 全国セブン銀行ATMでスマホアプリ入出金可能!
  • 申し込みから借り入れまでWEB完結
  • 電話連絡・郵送物不要の「Web完結申込」

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

アコムプロミスアイフル
2018年7月41.6%44.6%45.3%
2018年8月43.7%46.4%46.0%
2018年9月43.4%45.9%46.3%
3ヶ月平均42.9%45.6%45.8%

あくまでも審査通過率を比較基準とするのであれば、SMBCモビットでも良いのですが、上記のアイフルかプロミスを選んだ方が良いかもしれません。

アイフルとSMBCモビットの審査基準

チェックアイフルとSMBCモビットは、20歳以上69歳以下の人が申し込みの対象になっています。どちらも、安定した収入がある人ならパートやアルバイトでも申し込むことができます。

そして、どちらの会社も消費者金融ですから、総量規制の範囲内となります。他社で年収の1/3以上の借り入れがあると審査は通りません。

審査に関してはどちらもスコアリングシステムで行われ、年収や雇用形態など点数化して自動的に審査されます。審査基準はどちらも大きな違いは無いでしょう。

消費者金融審査条件審査時間
アイフル20歳以上69歳以下最短30分
SMBCモビット20歳以上69歳以下最短30分

アイフルもSMBCモビットも審査時間は最短30分で行われ、大きな差はありません。

アイフルとSMBCモビットの審査受付時間

アイフルとSMBCモビットの審査受付時間は即日融資を希望する方は、平日と土曜日は21時まで審査を受け付けているので、それまでに申し込みを完了させてから自動契約機で融資の手続きを行いましょう。

自動契約機の営業時間が、アイフルは22時までSMBCモビットは21時までになるので、余裕を持って19時までに終わらせておきましょう。
消費者金融審査の受け付け時間自動契約機の営業時間
アイフル21時まで(祝日を除く)22時まで
SMBCモビット21時まで(祝日を除く)21時まで

アイフルとSMBCモビットの違いとは

ここまでアイフルとSMBCモビットの審査を比較して、申し込み内容や審査基準が大変似ていることがお分かりいただけたかと思います。

どちらも大手消費者金融であり、信頼性や利便性が高い点では同じです。しかしアイフルとSMBCモビットはサービス面において様々な違いがあります。

アイフルなら30日間無利息サービスで利息0円

アイフルでは、はじめて無担保キャッシングローン(カードローン)審査に申し込みする方に限り「30日間利息0円サービス」を実施中です。

30日間利息0円サービスとは!

対象者:はじめてアイフルを利用し、「無担保キャッシングローン」に申し込む


サービス内容:契約日の翌日から最大30日間分が無利息

「30日間利息0円サービス」とは、契約日の翌日から30日間分の利息が0円になるお得なサービスです。

無利息期間中に完済すれば利息0円で済みますが、借入期間が5ヵ月程度であれば、無利息効果により低金利な銀行カードローンと同等の利息になります。

point!

「消費者金融は金利が高い!でも銀行カードローンは審査に通るか不安……」と悩んでる方は多いのですが

短期間の借入であればアイフルの無利息サービスを上手く活用したほうが、銀行カードローンよりも利息を少なく抑えることができます。

SMBCモビットのWEB完結は審査の時に電話連絡なし

SMBCモビットの「WEB完結」を利用すれば、審査の時に勤務先への電話連絡をなくすことが出来ます。

これは全カードローン中、SMBCモビットだけのサービスです。

WEB完結申込サービスとは!

電話や郵送でのやりとりが一切ない「WEB完結申込サービス」は、職場に在籍確認の審査の電話が入ったり、家にカードローン会社からの郵送物が届くことに抵抗がある人に支持されています。

またカードレスで融資を受けることができるので、財布を開いたとき家族や友達にカードローン用のカードを見られてしまう心配もありません。

「職場に審査の電話がかかってきたり、契約書類が自宅に届くことで、周りの人にカードローンの利用がバレるのが心配」という人にとって、電話連絡や郵送連絡は、カードローン申し込みをためらう理由になっているんです。

しかしSMBCモビットのWEB完結申込なら、そんな心配は一切不要。

金融君

保険証で勤め先を確認するので審査の電話連絡がなく、カードなしで口座振込による借入が可能なので、カードが郵送で届くこともありません。

SMBCモビットでお金を借りるためには、「身分証明書」と「健康保険証」が必要ですが、WEB完結を使用するには、その2つに加え「直近2か月分の収入証明書」と「三井住友銀行か三菱UFJ銀行かゆうちょ銀行の口座」が必要になります。

アイフルとSMBCモビットの審査の違い(まとめ)

アイフルとSMBCモビットの審査の違いを見てきましたが、以上のことからアイフルとSMBCモビットの審査に向いている人は以下のいずれかに該当する方です。

アイフルの融資が向いている人
  • 30日間の無利息サービスが欲しい人
  • 審査スピードの速いカードローンが良い人
  • レディースローンも併設しているところが良い人
SMBCモビットの融資が向いている人
  • 家族や職場の人に内緒でキャッシングしたい
  • 即日融資が可能なカードローンがいい
  • 来店せずにバレずにWEB完結したい

最後に、アイフルとSMBCモビットのカードローン情報について大まかな比較を行います。

アイフルとSMBCモビットについて何も知らないという人は、良ければ以下の情報を参考にした上で、業者選びを進めてください。

項目名アイフルモビット
融資限度額300万円800万円
金利(年率)18.0%18.0%
審査基準1.満20歳以上69歳未満
2.安定した収入がある人
1.20歳以上69歳以下
2.安定した収入がある人
WEB審査対応対応(※)
※WEB完結型の審査に対応
PR・提携ATMが多く利用しやすい
・主婦の審査に対応している
・簡易審査の利用が可能
・ローンプランが豊富
・女性の利用が多い
・10秒簡易審査の利用が可能