アイフルの解約方法と注意点【どうやって解約するの?】

アイフルの解約手続きは簡単に行うことができますが、解約しない方が良い場合や注意点もあります。この記事では、アイフルの解約手続きについて詳しく紹介します。
アイフル 即日融資も可能【30~40代に人気】
アイフル公式へ
審査が不安なら1秒借入診断♪
  • 実質年率 3.0%~18.0%
  • 審査スピード 最短30分
  • WEB簡潔で誰にもバレずカード受取
  • 初めての人は30日間金利が0円!
  • 即日融資も可能!女性にも人気が高い

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

アイフルの解約方法まとめ

「利用し終わったらアイフルを解約したい」と思っている人もいると思います。

インターネット上では、「一度解約してしまうと再契約はできない」といった情報がある一方で、「解約したあとでも再契約は可能」など、解約について明確ではない情報が混在している模様。

アイフル 解約

実際に解約後の再契約はできるのでしょうか。

その他、「アイフルの解約手順」や「解約することのメリット・デメリット」など、解約について気になるポイントを詳しく解説します。

解約の方法は「電話」と「店頭窓口」から

アイフルの解約方法は2つ 「電話」と「店頭窓口」です。

店頭窓口(有人窓口)電話が手続きが簡単なのでおすすめです。
また解約には手数料や解約金などの費用はかからず、ゼロ円でできます。

解約手続きはアイフルコールで対応可能

カードローンの申し込みなどはインターネットから申し込むことも出来ますが、限度額変更や解約手続きはアイフルコールのみ対応可能となっています。
その場合は、受付時間に電話をしなければいけません。
  • 本人確認書類(免許証・保険証・パスポートなど)
  • 印鑑
  • アイフルのカード
  • 契約書(Web契約をしていてネット上で確認できる場合は不要)
例えば限度額の変更(増額融資)です。新たに審査が行われるため、必ずオペレーターとのやり取りが発生します。
point!
アイフルを解約する時も、オペレーターにその旨を伝えなければいけません。
解約はアイフルコールとお客様サービスセンター(店頭窓口)でしか受け付けていないので、インターネットだけの人も、この時ばかりはアイフルコールを利用することになります。

解約手続きはアイフルの店頭窓口でも対応可能

アイフルの店頭窓口での解約にに必要なものは、身分証明書と発行されているカードです。
店頭窓口で解約手続きをする場合の身分証明書は、運転免許証、パスポート、健康保険証のいずれかとなっています。

  • カードの破棄
  • 解約証明書の発行
  • 契約書を返してもらうか、破棄してもらうか
  • 完済のときに多く返済した場合、お釣りを受け取る必要

店頭窓口でアイフルを解約する手順は以下のとおりです。

point!
  1. 店頭にて、解約したいということを伝えます。
  2. 店員さんから身分証明証の提示を求められるので、持参した身分証明書を提示します。
  3. 解約申込書を記入します。
  4. 解約申込書が受理されたのち、カードを返却して解約は完了です。

アイフルの解約を店頭で行った場合、自宅へ送付書類も無くその場で手続きが完結します。したがって、家族に知られたくないというような方は店頭で解約することをおすすめします。

アイフルを解約した後に再契約はできるの?

アイフルを解約しようか迷っているけど、二度と使えなくなるのは困るという人も多いのではないのでしょうか。

結論から言うと、アイフルを解約した後の再契約は可能です。ただし、前回利用時に滞納の履歴がある場合などは再審査が不可となる場合もあります。

check!
  • アイフルの解約後の再契約は可能
  • ただし、前回の利用内容が不良の場合、再審査を受け付けない場合もある
  • 再度本人確認書類の提出が必要

また、前回と同様に勤務先への在籍確認も行われます。

したがって、一度通った審査が再度通る保証はありませんので、解約を悩んでいる人は資金計画をしっかり考慮した上で解約の手続きを取るようにしましょう。

「無利息残高」でも解約できるの?

アイフルを解約する際は、全額完済する必要があります。

check!
チェックちなみに、無利息残高とは、1,000円以下の端数残高のことです。
消費者金融が取り扱う多くのキャッシング・カードローン商品では、1,000円以下の端数を無利息残高と定めており、これに該当する残高に対しては金利(利息)が発生しません。

つまり、引き続き利用する場合には返済の必要がないということですね。
しかしながら、無利息でも残高に違いはありませんので、解約する際は全額精算する必要があります。
端数の返済は、「三井住友銀行ATM」「お客様サービスプラザ」「振込」等の手段で行うことができます。

アイフルを解約する際は、必ず残高を事前に確認しておきましょう。

アイフルを解約すると他のローン審査に有利になる?

アイフルを解約するとカードローンによる限度額が消滅するため、有利になる可能性はあります。

したがって、年収に対する「返済負担割合」が大きく改善されます。
このような背景を踏まえると、他のローン審査に有利になる可能性は十分あるでしょう。

契約書の返却方法は?

アイフルは契約書を紙面で管理していません。というのもアイフルの契約は全てデータベースで一括管理となっていますので、解約後はデータが消去されます。

アイフルの解約4

「完済の証拠が欲しい」という場合は、解約後に発行される「解約証明書」を保管しておくようにしましょう。

少し多めに返済してしまった場合の対処は?

アイフルでキャッシングを返済した場合、最後に硬貨が残る場合があります。硬貨が残る返済は通常返済の最終回、または途中完済をする際に発生します。

提携ATMから少し多めに返済してしまった場合は、ローンカード裏面に記載されているナビダイヤル(0570-000417)へ問い合わせましょう。解約後、端数残高を振込で返却してもらうことができます。

アイフルで完済したら解約するべき?退会するかどうかのポイント

「アイフルからの借り入れをようやく完済できた!」でも、ただそれだけではアイフルを解約したことにはなりません。

アイフルの借入をすべて返済したとしても、解約手続きを行わなければ契約はずっと継続したままの状態だからです。

プロミス お金を借りる

アイフルの完済後に解約手続きをすべきかどうかは、利用者の現在の状況によりますので、アイフルを解約するメリット・デメリットをよく考えたうえで決定しましょう。

アイフルを解約するメリット

アイフルを解約するメリット
  • 他のローン審査に通過しやすくなる
  • 安易に借金を繰り返す心配がなくなる

近い将来に住宅ローンや自動車ローンなど、高額のローンを利用する予定がある人はアイフルを解約するべきです。

金利が高く、繰り返し何度でも借り入れができるカードローンの利用は、ローン審査では非常に警戒されてしまうからです。

たとえ現在は借入がなくても、契約が継続していていつでも限度枠いっぱいまで借り入れができるような状況は審査に大きな影響を与えますので、完済した後はアイフルを解約することをおすすめします。

アイフルを解約するデメリット

アイフルを解約するデメリット
  • また借りたい場合には再度審査に申し込みをしなければならない
  • 経済的に安定していないうちに解約するとお金が必要になっても借入できない

アイフルをいったん解約してしまったら、もう一度借りたい場合には審査への申し込みから始める必要があります。

再度審査に申し込みをしたとしても審査に通過する保証や、以前と同じだけの限度枠がもらえるという保証はどこにもありません。

また、ようやく完済をしたけれど、まだ経済的に安定しないうちにアイフルを解約してしまうと、本当にお金が必要になってももう借り入れはできません。

今の自分の状況で、本当にアイフルを解約してしまっても大丈夫かよく検討しましょう。

2年以内に短期延滞していたらアイフルの解約はちょっと待とう

アイフルで延滞・滞納したことがある人は、少し解約には慎重になってください。
信用情報に延滞の記録が残っている可能性があります。信用情報に記録される延滞記録には2種類あります。

check!
  • 長期延滞…2~3ヶ月以上の延滞(延滞解消して5年間で記録が消える)
  • 短期延滞…上記より短い延滞(延滞解消して24ヶ月で記録が消える)

このうち短期延滞の記録が残ってしまった人は、その後24ヶ月間なにごとも無くアイフルを利用し続けていれば記録が消えるようになっています。

きちんと毎回返済するか、あるいは全く借り入れをしていない状態でも構いません。24ヶ月間アイフルを延滞せずに利用し続けていれば、短期延滞の記録は消えます。

しかし記録が消える前にアイフルを解約してしまうと、解約時点の信用情報で固定され、その後5年間は記録が消えないのでその際は解約を待った方が良いかもしれません。

アイフル 即日融資も可能【30~40代に人気】
アイフル公式へ
審査が不安なら1秒借入診断♪
  • 実質年率 3.0%~18.0%
  • 審査スピード 最短30分
  • WEB簡潔で誰にもバレずカード受取
  • 初めての人は30日間金利が0円!
  • 即日融資も可能!女性にも人気が高い

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

アイフルでお金を借りるには?【アイフルと他社を徹底比較】