プロミス・口座振替(口フリ)での返済方法

プロミスの口座振替(口フリ)は、手数料も無料でメリットも多い反面、利用方法や登録方法、また知られていないデメリットもあります。この記事ではプロミスの口座振替について詳しくまとめています。

プロミス 即日融資も可能【20~30代に人気】
プロミス
初めての方は最大30日 金利0円!
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 審査スピード 最短即日
  • 3項目入力で簡単3秒診断!
  • カードレス可能で郵送物なし!
  • Web完結可能で来店も不要!

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

プロミスカードローンの返済方法には、以下のような方法があります。

プロミス 口座振替

手数料がかからない方法手数料がかかる方法
口フリ(口座引き落とし)
インターネット(ネット銀行を経由)
店頭窓口
プロミスATM
銀行振込
提携ATM
コンビニ

この中で、口座振替(口フリ)なら店頭やATMまで出向く必要がなく、手続きや手数料も必要がないので、一番利便性の高い返済方法です。

手数料も無料でメリットも多い反面、利用方法や登録方法、また知られていないデメリットも実はあります。

プロミス 口座振替

そこでこの記事ではプロミスの口座振替について詳しくまとめていきたいと思います。

プロミスの口座振替(口フリ)とは

プロミスの口座振替は、登録口座から毎月の返済額を自動的に引き落としで返済する返済方法です。

プロミスの口座振替は引き落とし口座を登録しておくことで、ATMなどで返済することなく口座から引き落としがされます。

プロミスの口座振替(口フリ)返済のメリット

プロミスの口座振替(口フリ)返済のメリットは以下の通り。

プロミスの口座振替(口フリ)返済のメリット
  • 自分で返済する手間がない
  • 返済忘れがなくなる
  • 手数料無料
  • インターネットから申込可能
プロミス 口座振替

では1つ1つ見ていきましょう。

口座振替(口フリ)返済は自分で返済する手間がない

プロミスの口座振替(口フリ)で返済をすると、毎月自動的に口座から引き落としがされるので、自分でATMや店頭窓口で返済する必要がありません。

キャッシングを利用していると、毎月の返済が手間ですしストレスに感じる人もいますが、口フリで返済するとそのような心配もありません。

口座振替(口フリ)なら返済忘れがなくなる

プロミスの口座振替(口フリ)返済は自動的に返済をしてくれるので、返済忘れをする心配がありません。

check!
キャッシングは返済を忘れると延滞扱いとなり、遅延損害金が発生します。
point
何度も繰り返しているとプロミスとの信頼関係にもマイナスとなってしまう為、よく返済忘れをしてしまう人や返済のことを考えたくない人は口座振替(口フリ)での返済がおすすめです。

プロミスの口座振替(口フリ)は手数料無料

さらにプロミスの口座振替(口フリ)で返済すると手数料無料で返済することができます。

プロミスには多くの返済方法があり手数料無料の返済方法も多くありますが、提携ATMで返済するとATM手数料がかかるなど手数料がかかる返済方法もあります。

手数料がかからない方法

  • 口フリ(口座引き落とし)
  • インターネット(ネット銀行を経由)
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
プロミス 口座振替

返済は毎月あるので、手数料がかかると積もり積もって結構な負担になりますもんね。
プロミス 口座振替

プロミスの口座振替で返済すれば手数料無料で返済できるので、コストを気にせず返済していくことができますよ。

このように手間なく返済忘れもなくし、手数料もない口座振替は、手間なくお得に返済したい人におすすめの返済方法です。

プロミスの口座振替(口フリ)返済のデメリット

プロミスの口座振替(口フリ)は便利で多くの人が利用している返済方法ですが、デメリットや注意点もあります。

point!
  • 引き落とし日の指定ができない
  • 返済後の借入可能残高の反映に時間がかかる
  • 引き落としの失敗に注意

口座振替(口フリ)は引き落とし日の指定ができない

三井住友銀行・ジャパンネット銀行を引き落とし口座に設定すると、返済期日を「毎月 5日・15日・25日・末日のいずれか」から選択できますが、その他の金融機関だと、プロミスの口座振替(口フリ)日は「毎月5日」のみです。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行その他の金融機関
引き落とし日5日、15日、25日、末日のいずれか毎月5日
プロミス 口座振替

給料日などに合わせて返済期日を設定できない点はデメリットになる可能性もありますよね。

給料日直後を引き落とし日として先に返済をしてしまいたい人は、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を作って返済口座とするのがよいでしょう。

返済分の借入残高の反映にタイムラグがある

プロミスの口座振替(口フリ)は、返済用口座が「三井住友銀行」・「ジャパンネット銀行」なら、引き落としの当日に、返済分が借入残高からマイナスされます。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行その他の金融機関
引落し後の借入残高への反映当日3営業日後

しかし、「三井住友銀行」・「ジャパンネット銀行」以外なら、借入残高への反映は3営業日後になります。

check!

カードローンは、契約時に設定された借り入れ枠の中で、借りたり返したりするシステムです。例えば、30万円が利用限度額で、実際に20万円かりているなら、残り10万円は追加で借り入れできます。さらに借り入れている20万円のうち5万円を返済した場合、

30万円(借入限度額)―15万円(借入残高)=15万円が借り入れ可能となります。

つまり、「返した分はまた借りられる」というのがカードローンの仕組みなのです。

プロミス 口座振替2

このとき、引き落としで返済した分が借入残高に反映されるタイミングが登録口座によって異なるため、人によっては借入できないということも。

上記のデメリット2つは、返済用口座に「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」を登録すれば得に問題ないので、プロミスで借り入れを考えている人は「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」の口座の準備をしておくと、より便利に返済ができますよ。

口座振替(口フリ)の引き落としの失敗に注意

プロミスで口座振替(口フリ)で返済をする際の注意点として、引き落としの失敗があります。

口フリで返済をする際、口座にお金が足りないと残高不足で口座引き落としが失敗してしまいます。

プロミス 口座振替

口座振替が失敗すると延滞扱いになってしまい、信用情報に傷がついたりプロミスとの信頼関係が崩れることにもなりかねません。

プロミスの口座振替(口フリ)で返済をする人は、返済用の口座にある程度余裕を持たせて口座振替の失敗がないようにしましょう。

プロミスの口座振替(口フリ)の申し込み方法

プロミスの口座振替の申込方法は以下の通りです。

point!
  1. 会員サービスログイン
  2. 口フリ(口座振替)のお手続きボタンをクリック
  3. 金融機関を選択
  4. 指定の金融機関へログインして、口フリ(口座振替)申込み
  5. 設定完了

全てネット上で口座振替の手続きを行うことができるので、手続きは非常に簡単です。

プロミス 口座振替

なお、この方法で口座振替の設定をするためには、引落を希望する銀行のインターネットバンキングに加入している必要があります。

インターネットバンキングに加入していない場合にはプロミスコール(0120-24-0365)に電話をかければ口座振替依頼書を郵送してくれます。

そちらの書類に記入捺印をしてプロミスへ返送することで口座振替の設定をすることも可能です。

プロミスの口座振替の引き落とし時間は?

プロミスの口座振替の引き落とし時間は午前と午後の2回の引き落としがかけられることが一般的です。

プロミス 口座振替

もし午前中に入金していないことに気付いたのなら、すぐにインターネットバンキングやATMで返済額を入金して見て下さい。

最近では、引落日の間はずっと引落がかかっていることが多いです。

この場合には、入金した直後に口座から返済金が引き落とされますので、入金後しばらくしてから、口座の残高を確認してみましょう。

口座の残高が返済分だけ減っていれば返済が完了している可能性が高いです。

返済日お知らせメールに登録しよう

プロミスには「ご返済日お知らせメール」というサービスがあります。

返済日をうっかり忘れることを防ぐために、登録するだけで返済日前日にメールが送られてきます。

プロミス 口座振替

返済日を忘れがちだという人は登録をおすすめします。

プロミスの口座振替(まとめ)

プロミスの口座振替(口フリ)は入金の手間がない便利な返済方法です。

プロミス 口座振替3

ですが、しっかりと残高を確認していないと、本人の気づいていないところで延滞が発生してしまうことがあります。

プロミスは返済の前後でメールをくれるので、メールをしっかりとチェックして返済遅れがないように十分に注意しましょう。

プロミス 即日融資も可能【20~30代に人気】
プロミス
初めての方は最大30日 金利0円!
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 審査スピード 最短即日
  • 3項目入力で簡単3秒診断!
  • カードレス可能で郵送物なし!
  • Web完結可能で来店も不要!

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります