プロミスの繰り上げ返済で利息を抑える【返済方法まとめ】

プロミスの繰り上げ返済の方法や手数料は?どのくらい利息が変わるの?この記事ではプロミスの繰り上げ返済についてまとめています。利息を抑え総返済額を減らしたいならこちらを参考にして下さい。

プロミスでお金を借りる場合、利息の支払いが大変になることもあるでしょう。なるべく利息を抑え、総返済額を減らしたい場合は、手元にまとまったお金が入った場合「繰り上げ返済」を視野に入れてみましょう。

プロミス 繰り上げ返済

プロミスの繰り上げ返済にどんなメリットがあるんですか?
プロミス 繰り上げ返済

当記事では、プロミスへ繰り上げ返済を行う方法について詳しく説明していきます。
プロミス 即日融資も可能【20~30代に人気】
プロミス
初めての方は最大30日 金利0円!
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 審査スピード 最短即日
  • 3項目入力で簡単3秒診断!
  • カードレス可能で郵送物なし!
  • Web完結可能で来店も不要!

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

そもそもプロミスは繰り上げ返済できるの?

プロミス 繰り上げ返済

プロミスでは毎月の最低返済額が決まっていますよね?繰り上げ返済できるんですか?
ですが、これはあくまで「最低」の返済額で、プロミスでは最低返済額以上であれば自分の状況に合わせて自由に返済することができます。
プロミス 繰り上げ返済

例えば、5万円借りた時の最低返済額は2,000円ですが、2,000円だけでなく10,000円返済しても50,000円全額を返済しても良いんです。

プロミスで繰り上げ返済する方法

一括返済の場合は日によって必要な返済額が変わるので、インターネット返済以外ではプロミスコールに電話して返済額を確認する必要がありますが、一括返済以外(繰り上げ返済)なら好きな金額を返済することができます。

プロミスのインターネット返済で繰り上げ返済する方法

プロミスで繰り上げ返済するには、インターネット返済が便利です。インターネット返済は会員サイト上から24時間いつでも手数料無料で瞬時に返済できる返済方法です。

プロミス 繰り越し返済2

プロミスのインターネット返済では、返済金額指定の画面で「一部返済」「全額返済」「金額指定返済」を選択します。

繰り上げ返済するには、金額指定返済をしてその月の返済とは別に金額を指定して返済していきます。一部返済はその月の返済額を返済する返済方法で、全額返済は名前の通り借りているお金を一括返済する返済方法です。

プロミス 繰り上げ返済

金額指定返済を選択したら、後は繰り上げ返済したい金額を指定して返済するだけ。

インターネット返済の場合は、金額指定後に返済に利用する金融機関を選択して、その金融機関のインターネットバンキングのログイン画面に進みます。

ログインをして金額などを確認して振込実行をクリックすると返済が即時に完了します。繰り上げ返済はとても簡単で1分ほどで完了します。

ATMで繰り上げ返済する方法

プロミスで繰り上げ返済を行う時には、ATMで返済を行うことも可能です。

ATMで返済を行うときも、インターネット返済のときと同様、「金額指定」を選択し、自分が返済できる金額を指定して返済することになります。

例えば、最低返済金額が5000円の場合で、手元に1万円がある場合は、金額指定で「1万円」を選択します。
point
1万円のうち5000円分は「元金+利息」の返済になり、残りの5000円は「元金」のみに割り当てられます。

振り込みで繰り上げ返済する方法

プロミスで繰り上げ返済をする方法として、振込みで返済する方法もあります。振り込み返済の場合は、銀行からプロミスあてに返済を行う方法になります。

しかし、銀行振り込みの場合は、振込金額に応じて振込手数料が徴収される場合がほとんどのため、銀行振り込みを選択するメリットはあまりありません。

申し込み

また、銀行の場合は平日15時までの営業がほとんどで、ATMに関しても17時までしか使用することができないため、プロミスへ繰り上げ返済を行う際には、インターネット返済か、ATMでの返済がおすすめになります。

プロミスで繰り上げ返済したことによる利息の削減効果

プロミスで繰り上げ返済すると利息が減るということはなんとなくわかっても、具体的に繰り上げ返済するとどれくらい利息が減ることになるのかイメージがわかない人も多いと思います。

check!

仮に金利17.8%で30万円借りていた時、最低返済額11,000円で完済するまでにかかる期間は36ヶ月で総返済額は387,289円、支払う利息は87,289円になります。

point

これを返済6ヶ月目で10万円繰り上げ返済すると、完済までにかかる期間は23ヶ月に短縮され、総返済額は約346,784円となり、支払う利息は46,784円まで減ります。

繰り上げ返済しなかった場合と比べると、40,505円も差が出ることになり、この40,505円が繰り上げ返済したことによる利息削減効果といえます。

繰り上げ返済のシミュレーション

ここで、実際に繰り上げ返済をした時のシミュレーションをしてみます。

例として、5万円を利息17.8%で借入し、月々の返済を最低返済額の2000円にした場合と、4,000円、6,000円、8,000円、1万円の繰り上げ返済をした場合を比較します。

5万円の借入の返済シミュレーション

月々の返済額返済回数利息総支払額
2,000円36回12,923円62,923円
4,000円14回5,704円55,704円
6,000円9回3,762円53,762円
8,000円7回2,870円52,870円
10,000円6回2,345円52,345円

上記の表を見ると、繰り上げ返済をし、返済額を高くするほどに利息と支払総額が抑えられることがわかります。

手持ちのお金に余裕がある時はなるべく高額の繰り上げ返済をし、早い完済を目指しましょう。

プロミスの繰り上げ返済に利用できる提携ATM

金融機関手数料
三井住友銀行ATM無料
・ゆうちょ銀行ATM※
・イーネット(E-net)
・ローソン銀行
・セブン銀行
<取引額:1万円以下>
108円
<取引額:1万円超>
216円
※利用するにはWeb明細の登録が必要
プロミス 繰り上げ返済

この他にも、次の金融機関ATMで返済できます。
対象ATM
三菱UFJ銀行ATM/西日本シティ銀行ATM/セブン銀行ATM/イオン銀行ATM/横浜銀行ATM/東京スター銀行ATM/第三銀行ATM/福岡銀行ATM/熊本銀行ATM/親和銀行ATM/広島銀行ATM/八十二銀行ATM/クレディセゾンATM

※親和銀行、八十二銀行、広島銀行は借入のみ
※ゆうちょ銀行の利用には、web明細に登録しておく必要があります。

ただし、三井住友銀行以外の提携ATMは、利用手数料がかかってしまいます。

利用金額借入時の手数料返済時の手数料
10,000円以下108円108円
10,000円超216円216円

一見たいしたことのない金額に思えますが、毎月のこととなると話は別です。

これはキャッシングするときにも言えることですが、少しでも利息を節約したいなら、「100円でももったいない」という意識を持つのが大切です。

プロミス 繰り上げ返済3

「どうしても近くに店舗がない」「忙しくて今月は近くのコンビニしか行けなかった」といった時以外、なるべくプロミスか三井住友銀行のATMを利用しましょう。

プロミスで繰り上げ返済するときの注意点は?

プロミスで繰り上げ返済を行うとさまざまなメリットがありましたが、反対にプロミスで繰り上げ返済を行う時にはどのような注意点があるのでしょうか。

プロミスで繰り上げ返済を行うときの注意点について解説していきます。

繰り上げ返済で手元のお金が減る

プロミスで繰り上げ返済を行うと当たり前ですが手元のお金は減ります。

繰り上げ返済を行うということは、予定していた返済金額よりも多くのお金を返済に充てることになるので、手元のお金が減ってしまうことになってしまうのです。

check!
ボーナスが出てそこから繰り上げ返済を行った場合などは問題ありませんが、例えばパチンコなどのギャンブルで一時お金が入り、そこから繰り上げ返済を行おうと思っている人は結局またギャンブルをするためにお金がなくなり、お金を借りる…という結果になることも少なくありません。
プロミス 繰り上げ返済4

手元のお金を上手に管理できない人は、結局またお金を借りるのでその都度利息が増えてしまうこともあります、注意しましょう。

繰り上げ返済しても最低返済金額は変わらない

プロミスで繰り上げ返済を行っても、最低返済金額は変わりません。

繰り上げ返済を行い元金が減っていくと、毎月返済する「最低返済金額」も減っていくと勘違いしてしまう人もいますが、たとえ元金が減っても最低返済金額は変わりません。

最低返済金額が5000円だった場合は、完済まで最低返済金額は5000円のままになります。元金が減った分は最低返済金額ではなく、「返済期間」が短くなることになります。

毎月の最低返済金額が苦しいから、繰り上げ返済をして最低返済金額を減らしたいという考えの人は、注意が必要になります。

プロミスで繰り上げ返済を利用する方法(まとめ)

プロミスの繰り上げ返済を行う方法や、繰り上げ返済を行うメリットや注意点などについて解説しました。

プロミスでは繰り上げ返済を行うと、どんどん元金が減り、その分利息を支払う金額も減るのでお得です。また、返済期間も短くなるので、精神的にもメリットがあります。

プロミス 繰り上げ返済2

まとまったお金が入ったり、繰り上げ返済を行うことができると判断した場合は、ぜひ繰り上げ返済を活用し、より早い完済を目指してみてください。
プロミス 即日融資も可能【20~30代に人気】
プロミス
初めての方は最大30日 金利0円!
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 審査スピード 最短即日
  • 3項目入力で簡単3秒診断!
  • カードレス可能で郵送物なし!
  • Web完結可能で来店も不要!

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります