プロミスを一括返済する手順・流れ

プロミスの一括返済についてわかりやすく解説しています。プロミスの毎月の返済額や返済方法について気になる人は参考にして下さい。

プロミス 返済

プロミスで一括返済するなら?完済のメドがついてるなら一括返済!

  • すぐに返済負担を解消したい。
  • 来月には完済できるメドがついている。

などと考えている人は、プロミスで随時返済である借入残高全額の一括返済を行いましょう。

借入期間中に利息が発生するため、完全に利息ゼロとはなりません。

しかし、借入日数が減れば減るほど利息が少なくなります。

プロミス 一括返済

そこで今回の記事ではプロミスの一括返済について解説していきたいと思います。
プロミス 即日融資も可能【20~30代に人気】
プロミス
初めての方は最大30日 金利0円!
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 審査スピード 最短30分
  • 3項目入力で簡単3秒診断!
  • カードレス可能で郵送物なし!
  • Web完結可能で来店も不要!

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

ボタン

プロミスで一括返済する方法は全部で6種類

プロミスで一括返済を考えているなら通常の7つの返済方法のうち「口座振替」以外は一括返済が可能です。
返済方法ごとにメリット・デメリット・注意点があるので抑えておきましょう。

プロミス 返済

返済単位手数料返済時間
プロミス インターネット返済1円単位無料24時間
コンビニ端末1円単位無料24時間
お客様サービスプラザ(店頭窓口)1円単位無料平日10:00〜18:00
プロミス ATM1000円単位無料7:00〜24:00
提携ATM1000円単位1万円以下:108円
1万円超:216円
ATMによる
銀行振込1円単位金融機関による銀行の営業時間内のみ
プロミス 口座振替利用できない××

オススメの一括返済方法は「インターネット返済」「コンビニ端末」

プロミス 一括返済

プロミスへ一括返済するなら「インターネット返済(瞬フリ)」と「コンビニ端末」がオススメです。
  • 手数料が無料
  • 土日祝日も含めて24時間返済できる
  • 1円単位で返済金額を指定できる

このような理由で一括返済に向いています。

check!
他の方法でも一括返済はできますが、あまりオススメはできません。
プロミス 注意点
手数料がかかってしまったり、返済後に端数が残り返金手続きをしなければいけなかったりと、注意点がいくつかあるからです。

プロミスのインターネット返済で一括返済する方法

プロミスで一括返済するためには返済額を調べなければなりませんが、簡単に返済金額を確認できるのがWEB会員ページです。

プロミスでは会員ページにログインして、「インターネット返済のお手続き」をタップすると、返済額が表示されます。

  1. 会員ページにログイン
  2. 「インターネット返済のお手続き」をクリック
  3. 全額返済をクリック
  4. 金融機関を選択
  5. 金融機関のネットバンキングから振込手続き

ただしプロミスの会員ページで一括返済するのであれば、ネット返済は下記の銀行口座いずれかを持っていないと利用できません。

point!
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行

楽天銀行とジャパンネット銀行はネット銀行ですから、口座を開設すればそのままネットで取引が可能です。

しかし、三井住友銀行などメガバンクでは別途「インターネットバンキング」の手続きが必要となるので注意して下さい。

コンビニ端末でプロミスの一括返済を行う方法

ロッピーやFamiポートで返済用の用紙を発行してもらい、レジにてプロミスの一括返済する方法です。

プロミス atm 一括返済

使用している銀行がインターネット返済に対応していない人は、コンビニ端末返済がオススメです。
  1. コールセンター(0120-24-0365)に一括返済を相談
  2. プロミスカードを持ってFamiポートまたはLoppiへ行く
  3. 申込券を発行
  4. 申込券をレジに持っていき支払い

Famiポート(もしくはLoppi)の詳細な操作方法はコールセンターで説明してくれます。設置されているコンビニおよび端末名は以下の通り。

ファミポート

  • ローソン…ロッピー(Loppi)
  • ミニストップ…MINISTOP Loppi
  • ファミリーマート…Famiポート

一括返済は問い合わせ先に電話を

手続きの方法は、プロミスの問い合わせ先に電話をして、一括返済したいということを伝えます。

あらかじめ返済する予定日を自分で決めておき、電話でその日付を伝えると、その日までの利息を含めた金額を計算してくれます。

あとは予定の日に、電話で伝えられた金額を振込むことで一括返済完了となります。

金融君1

利息の総額も抑えられますし、信用情報に完済の記録が残りますので、クレジットヒストリーも改善することができますよ。

その後、解約するか継続してカードローンを持っておくのも自由となっています。

なお、コールセンターは終日9~22時までの対応なので注意しましょう。

  • 問い合わせ先(0120-24-0356)
  • 週日:AM9:00~PM22:00

コンビニ返済ならセブン銀行ATMでも一括返済ができる

プロミス「アプリローン」で特に注目したいのは、何といってもカードレスでもスマホを利用してセブン銀行ATMで借入や返済が行える「スマホATM」機能。

プロミス アプリローン

プロミス 一括返済 コンビニ

プロミス「アプリローン」はスマホアプリの機能を最大限に活用することで、カードレスでのATM利用を可能にしました。
  • ローンカードを使わなければコンビニATMが利用できない
  • ローンカードがない場合は振込返済に頼るしかない

という概念をひっくり返したのです。
スマホがローンカード代わりとなり、カードレスでATMからいつでもどこにいても来店不要で手軽に借り入れや返済、もちろん一括返済もできるのはありがたいですよね!

セブン銀行ATMの一括返済の方法

コンビニ(セブンイレブン)などセブン銀行ATMが近くにあるなら一括返済の方法は、とても簡単です。

プロミス アプリ ログイン

コンビニに着いたらアプリを使ってQRコードを呼び出し、スマホをATMにかざすだけ。
スマホATMの使い方
  1. ログイン後アプリ内の「スマホATM取引」をタップ
  2. セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を押すと、QRコードが表示
  3. スマホアプリのカメラ機能でQRコードを読み取る
  4. スマホに「企業番号」と「ワンタイム暗証番号」が各4桁の数字で表示されるのでセブン銀行ATMに企業番号・ワンタイム暗証番号・取引金額を入力

以上でスマホATMでの一括が完了します。

プロミスを一括返済する時の注意点

このようにプロミスはコンビニでも一括返済が出来るのでとても便利なのですが、いくつか一括返済時に注意すべき点もあります。

プロミス 注意点

コンビニで一括返済するなら時間に注意

コンビニのマルチメディア端末やセブン銀行ATMは24時間利用できますが、24時(0時)を回ると1日分利息が増えます

コールセンターに相談したその日に返済を済ませましょう。

また、Famiポート、Loppiで一括返済するなら発券してから30分以内にレジで支払わないと再度手続きが必要になるのでご注意ください。

一回に返済できるのは30万円まで

コンビニで30万円以上を一気に返済する人は少ないと思いますが、一応覚えておきましょう

また、30万円といわずとも、一括返済の金額が高額の人は現金の取り扱いには注意しましょう

コンビニでプロミスを一括返済するメリット

  • 24時間365日利用OK
  • 手数料が一切かからない
  • 1円単位で返済可能なので端数が発生しない

上記3点を兼ね備えているのはネット返済以外では、コンビニのマルチメディア端末返済だけです。

カードをお持ちの方は、ぜひご検討下さい。

一括返済は問い合わせ先に電話を

手続きの方法は、プロミスの問い合わせ先に電話をして、一括返済したいということを伝えます。

あらかじめ返済する予定日を自分で決めておき、電話でその日付を伝えると、その日までの利息を含めた金額を計算してくれます。

あとは予定の日に、電話で伝えられた金額を振込むことで一括返済完了となります。

金融君1

利息の総額も抑えられますし、信用情報に完済の記録が残りますので、クレジットヒストリーも改善することができますよ。

その後、解約するか継続してカードローンを持っておくのも自由となっています。

なお、コールセンターは終日9~22時までの対応なので注意しましょう。

  • 問い合わせ先(0120-24-0356)
  • 週日:AM9:00~PM22:00

お客様サービスプラザ(店頭窓口)でプロミスの一括返済をする方法

プロミスの店頭窓口で一括返済するなら、店舗スタッフに一括返済したい旨を伝えてそのままプロミスの有人店舗で現金を支払いましょう。

  1. コールセンター(0120-24-0365)に一括返済を相談
  2. プロミスカードを持って店頭窓口へ行く
  3. 店舗スタッフに現金を渡し一括返済してもらう
プロミス 一括返済

一括返済だけでなく解約手続きまでできるのは、店頭での一括返済のみです。

ただしデメリットとしては

  • 全国に18店舗しかない
  • 営業時間は平日10:00〜18:00まで

となっており、近くにプロミス店舗がない人はその他の一括返済を検討しましょう。

プロミスATM・提携ATMで一括返済する方法

  1. コールセンター(0120-24-0365)に一括返済を相談
  2. プロミスカードを持ってATMへ行く
  3. 指定された金額を入金して一括返済する

プロミスが直接運営するATMで一括返済することも出来ます。プロミスATMでは一括返済にも手数料は掛かりませんが、その他のATMでは手数料が掛かる事も多いです。

返済金額手数料
1万円以下108円
1万円超え216円

振込手数料は利用する銀行によって異なりますが、おおよそ300~600円とATM手数料は高いです

プロミスを一括返済できる提携ATM一覧

コンビニセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどイーネットATM設置コンビニ
銀行ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、イオン銀行、セブン銀行、第三銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、熊本銀行、横浜銀行、東京スター銀行
その他クレディセゾンATM

プロミスの返済で小銭が残ったら?

プロミスATMや提携ATMで一括返済した場合、小銭が残る場合があります。小銭が残る返済は通常返済の最終回、または途中完済をする際に発生します。

なので、通常返済の最終回で残高と利息合計で6,073円であった場合、6,000円を入金すると完済扱いになります。

銀行振込でプロミスの一括返済を行う方法

  1. コールセンター(0120-24-0365)に一括返済を相談
  2. 自分の口座からプロミスに指定された口座へ振り込む

銀行振込でプロミスの一括返済を行うなら、銀行振込は、必ず銀行の営業時間内に振り込んでください。
夜間や土日に振り込むと、プロミスに入金されるのは翌日以降となります。

その間に利息が発生して借入残高は増えるので、一括返済したつもりが残高が残ってしまう事があるのです。

一括返済する日によって返済額は変わる

一括返済となる借入残高は、利息によって毎日増えています。
4月1日の借入残高は、日付が変わって4月2日になればもう変わってしまいます。

プロミス 一括返済

自分では一括返済したつもりでも、残高が残ってしまっている場合もあります。必ず一括返済する日の借入残高を、正確に調べてください。

プロミスで一括返済したら完済後は解約すべき?

借入を完済した後は、プロミスとの契約を解約することができます。

プロミス 解約方法

プロミスと解約すると、プロミスは金融機関からの借入件数に数えられなくなります。そのため、プロミスとの契約を解約していた方が、他のローン審査で有利となります。

プロミス 一括返済2

プロミスの解約手続きは、プロミスコール(0120-24-0365)に電話をかけるか、店頭窓口(お客さまサービスプラザ)に行って、スタッフに解約の意思を伝えればできます。

また、解約後は解約証明書を電話解約の場合は自宅郵送で受け取ることができ、店頭窓口解約の場合はスタッフから直接受け取れます。

ただしプロミスを解約すると、プロミスと再契約する際に、もう一度審査を受ける必要が出てきます。解約手続きは、完済後の借入予定によって、下記の対応に分けましょう。

check!
  • 一括返済後はプロミスから借入しない場合→解約手続きを行う
  • 一括返済後もプロミスから借入する可能性がある→解約せず契約継続

一括返済後は完済証明書が貰える

プロミスでは、借入を完済した後に「完済証明書」を発行してもらえます。

こちらはプロミスを解約せずとも貰うことができ「現在はプロミスから借入がない」「一度借入を完済した実績がある」という証明になります。

そのため、プロミス以外のカードローンや住宅ローンに申し込んだ際、プロミスの完済証明書を提出すると審査に有利です。

check!

完済証明書は、プロミスコール(0120-24-0365)に電話をして発行依頼をし、自宅郵送で受け取るか、店頭窓口(お客様サービスプラザ)でスタッフから直接受け取れます。

プロミスの完済証明書は利用者の任意発行ですが、次回のローン審査を有利にするために、発行しておくことをおすすめします。

プロミス 即日融資も可能【20~30代に人気】
プロミス
初めての方は最大30日 金利0円!
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 審査スピード 最短30分
  • 3項目入力で簡単3秒診断!
  • カードレス可能で郵送物なし!
  • Web完結可能で来店も不要!

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

ボタン