プロミスは全国のコンビニで借入・返済できる

プロミスは全国のコンビニで借入・返済ができます。ただしコンビニによってお金を借りる時と返す時の特徴が異なるので、気になる人は詳しくチェック↑↑

プロミスはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクス。全国のコンビニエンスストアで借入・返済ができます。

コンビニによって特徴が異なるので、それぞれを詳しく解説してます。

プロミス 即日融資も可能【20~30代に人気】
プロミス
初めての方は最大30日 金利0円!
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 審査スピード 最短即日
  • 3項目入力で簡単3秒診断!
  • カードレス可能で郵送物なし!
  • Web完結可能で来店も不要!

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります

プロミスが利用できるコンビニATM 一覧

プロミスの利用できるコンビニATMを一覧にまとめておきます。コンビニATMを利用される場合は、下記に記載されている最寄りのコンビニチェーンをチェックしてみてくださいね。

コンビニ名取り扱い手数料平日の営業時間土日の営業時間
セブンイレブンATM借入・返済1万円以下…1回108円
1万円超…1回216円
24時間24時間
E-netATM
(ファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、デイリーヤマザキ等)
ローソンATM
イオン銀行ATM
(ミニストップ)
Famiポート
(ファミリマート)
返済無料0:00~24:00
(※日曜日23:00~月曜日7:00までは利用不可)
0:00~24:00
(※日曜日23:00~月曜日7:00までは利用不可)
Loppi
(ローソン、ミニストップ)

※毎週月曜0:00~7:00はプロミスのシステムメンテナンスのため、全ての提携ATMを利用することができません。

プロミスを利用できるコンビニチェーンを詳しくまとめると

check!

セブンイレブン/ローソン/ファミリーマート/ミニストップ/サークルKサンクス/ポプラ/デイリーヤマザキ/生活彩家/セーブオン/セイコーマート/ニューデイズ/アンスリー(京阪沿線)/コミュニティ・ストア

という取り扱いになっています。

【コンビニ別】プロミスの返済・借入方法・営業時間、手数料

プロミス コンビニ

ここからはその中でもお得に借入・返済しやすいおすすめのコンビニを紹介したいと思います。

ファミリーマートはファミポート利用で入金(返済)手数料が無料!

プロミスをファミリーマートやTOMONYでお金を借りる場合は、店内の「E-netATM」もしくは「ゆうちょ銀行ATM」を使用することになります。
※ゆうちょ銀行ATMを利用する場合はプロミスの公式サイトで「WEB明細の事前登録」 をしておく必要があります。

また、E-netATM・ゆうちょ銀行ATMからお金を借りる場合は、利用額別に以下の手数料が発生します。

1万円以下108円
1万円超216円

それぞれのATMとプロミスの営業時間が重なっている間は利用ができますが、毎日若干のメンテナンス時間や営業時間外が発生し、その間は利用ができないため注意が必要です。

コンビニファミリーマートの営業時間

E-netATM営業時間外毎日23:55~0:05
ゆうちょ銀行ATMメンテナンス毎日3:00~5:00の間で15分間程度
プロミス営業時間外毎週月曜日0:00~7:00

プロミスはコンビニFamiポートなら手数料がかからない

各ATMの利用には入出金いずれも手数料が発生しますが、ファミリーマートの利点として入金(返済)に限り、店内のマルチメディアキオスク端末(MMK)「Famiポート」を利用することで手数料が無料になります。

ファミポート
コンビニ Famiポートで1円単位(小銭)で返済できる

出金(引き出し・借入)には利用できませんが、返済手続きをFamiポートで申し込み、任意の金額を選択後、発券されたレシートを普通の買い物と同じ様にレジに出すとレジでの現金精算が可能です。

プロミス コンビニ

1円単位(小銭)での精算がコンビニでできるため端数なく入金(返済)できる上、手数料無料はとても便利!

Famiポートの画面操作もたったの4ステップ。手数料も無料になるなどお得で便利な入金(返済)方法なので、是非活用しましょう。

point!
  1. プロミスカードを持参の上、最寄りのファミリーマートへ行く
  2. Famiポート画面「金融サービス『借入金のご返済』」をタッチ
  3. 「プロミス」をタッチ
  4. ファミポートにプロミスカードを挿入後、暗証番号の入力と返済金額の入力
  5. 記入内容の確認
  6. レシート(申込券)が発券されるので、レジにて支払う

コンビニ返済は残高反映時間&メンテナンス時間に注意

プロミスのコンビニFamiポート利用での入金(返済)記録は翌営業日に確認されます。 なので、入金日はコンビニで支払った日付で記録されるものの、その入金(返済)履歴自体をすぐには確認できません。

プロミス コンビニ

レジでの支払いが終わった当日は反映されていないので、特に土日祝を挟むなどの場合は慌てず反映されるのを待ってみましょう。

そしてATMとは別にFamiポート自体のメンテナンスがあるため、以下の時間帯はFamiポート経由の入金(返済)は利用できなくなります。

Famiポート毎週月曜日2:30~5:00、及び毎日早朝に40分程度

プロミスはコンビニのローソン&ミニストップのLoppi利用でも返済手数料が無料!

プロミスでお金を借りるなら店内の設置ATMである「ローソンATM」や「E-netATM」も使用することが出来ます。

プロミス コンビニ

ただし注意点として一般的なATMと異なり、ローソンAMTは全店舗のメンテナンスを一斉に行わず順繰りに実施することから、利用できない時間を事前に公式サイトでチェックする必要があります。

また、ローソンとミニストップは店舗によって設置されているATMが金融機関直営のケースがあるので、その場合は各金融機関ごとに利用不可の時間帯が発生します。

1万円以下108円
1万円超216円

コンビニのLoppiも手数料無料で返済できる

プロミス コンビニ

各ATMの利用には入出金いずれも手数料が発生しますが、店内設置のMMK「Loppi」を使用した返済に限り手数料が無料に!

画面操作は9ステップとFamiポートよりやや煩雑になりますが、発券されたレシートをレジに持っていけば1円単位での現金精算が可能です。

point!
  1. プロミスカードを持参の上、最寄りのローソンまたはミニストップへ行く
  2. 店内に設置されているメディア端末の「各種サービスメニュー」をタッチ
  3. 「各種代金、料金お支払い、クレジット等のお支払い」をタッチ
  4. 「カードローン・キャッシングのご返済」をタッチ
  5. 「プロミス」をタッチ
  6. カードリーダーへプロミスカードを通す
  7. 暗証番号入力後、返済金額を入力
  8. 記入内容の確認
  9. 支払い用レシート(各種収納代行申込券)を受け取り、レジで支払う

コンビニLoppiは入金(返済)履歴の確認が当日に行えない

プロミスをコンビニのロッピーで利用する場合、ATMとは別にLoppi自体のメンテナンスが稀にあります。

メンテナンスが行われる日時は決まっておらず、メンテナンスを実施する際は公式サイトでアナウンスされ、メンテの間はLoppiの機能がほとんど利用できなくなります。

この時間帯は毎回長時間に及ぶようで、全国一律で操作ができなくなりローソンでLoppiを使おうとして初めてメンテナンス中であることがわかった、なんてことも起こりえます。

 理由時間帯
ローソンATMメンテナンス公式サイトで該当店舗をチェック
E-netATM営業時間外毎日23:55~0:05
各種金融機関直営メンテナンス等各金融機関のWEBサイトをチェック
プロミスメンテナンス毎週月曜日0:00~7:00
プロミス コンビニ

急いでいるときはパニックになる可能性もあるので公式サイトで確認しておくと安心ですね。

プロミスをコンビニのセブン銀行ATMでお金を借りる場合

プロミスをコンビニのセブンイレブンで利用する場合、カードレス利用と千円単位の入出金が可能となります。

ただし、プロミスをコンビニのセブン銀行ATMからお金を借りる場合は、利用額別に以下の手数料が発生します。

1万円以下108円
1万円超216円

セブン銀行ATMの他のコンビニにない2つの特徴

コンビニにあるセブン銀行でお金を借りるメリットの一つは「プロミスのカードを使用しなくても利用可能」であること。

専用アプリでプロミスを利用すればカードの持ち歩きが不要であるため、普段持ち歩きたくない方や、申込みが旅行先でカードの受取が行えない方などは重宝するでしょう。

プロミス アプリ ログイン

コンビニに着いたらアプリを使ってQRコードを呼び出し、スマホをATMにかざすだけ。
スマホATMの使い方
  1. ログイン後アプリ内の「スマホATM取引」をタップ
  2. セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を押すと、QRコードが表示
  3. スマホアプリのカメラ機能でQRコードを読み取る
  4. スマホに「企業番号」と「ワンタイム暗証番号」が各4桁の数字で表示されるのでセブン銀行ATMに企業番号・ワンタイム暗証番号・取引金額を入力

以上でスマホATMでの借入・返済が完了します。

プロミス コンビニ

返済と借入いずれも利用可能で、プロミスを申し込んでからカードが発行されるのを待たずに即利用ができるようになるので、スマートフォンを持っているならぜひ利用したいサービスです。

お金を借りるのに千円単位で引き出せる

コンビニにあるセブン銀行でお金を借りるメリットの二つ目は全てのATMの中で唯一「出金(引き出し)に限り千円単位の利用が可能」なコンビニATMであること!

セブン銀行ATM以外のコンビニATMは万単位の取引しか出来ないので、少額を借りたいときにはセブン銀行が便利ですね。 以上の2点は他のコンビニにはないセブンイレブンだけの大きな強みといえます。

マルチメディア端末は使用不可

コンビニのファミリーマートとローソンではマルチメディア端末で返済が可能ですが、セブンイレブン専用マルチメディアステーション(MMS)「マルチコピー機」は、プロミスのキャッシングに未対応です。

check!
また、プロミスとセブンイレブンは共に基本的にはどちらも24時間対応ですが、以下の時間帯はセブン銀行ATMとプロミスそれぞれのシステムメンテナンスのため、ATM自体が利用できなくなったり、キャッシング全般を利用できなくなるので注意しましょう。
セブン銀行ATM毎月第3日曜日の翌日(月)0:30~5:30
プロミス毎週月曜日0:00~7:00

【コンビニ別】プロミスの返済・借入方法・営業時間、手数料まとめ

ここまでプロミスを利用する際の各コンビニの違いをご紹介してきましたが、改めてそれぞれの違いを簡潔にまとめると以下のようになります。

コンビニ名ATM・MMK名利点と注意点
セブンイレブンセブン銀行ATMアプリ連携でカードレス利用が可能。
出金(引き出し・借り入れ)が低額(千円)から出来る。
ファミリーマートE-netATM
ゆうちょ銀行ATM
Famiポート
Famiポート利用での入金(返済)は手数料が無料。
駅中コンビニにもATM・Famiポート設置あり。
Famiポートの画面操作は簡単。
ローソン
ミニストップ
ローソンATM
E-netATM 
Loppi
ローソンATMとLoppiのメンテナンスが不定期。
Loppi利用での入金(返済)は手数料が無料。
まれにLoppiのメンテナンスが長時間になる。
その他コンビニ店舗によるプロミス対応のATMがあれば利用できる。

プロミスの提携コンビニATMは多岐にわたり、「いつでもどこでも利用しやすい」という非常に大きなメリットがあります。

その反面、取引毎に手数料が必要になったり、1万円単位での借入に限定されてしまったりと、利用者にとって無視できないデメリットも存在していますので、あらかじめ把握した上で利用する必要があるでしょう。

返済のみの場合はLoppiまたはファミポートを活用すれば無駄な手数料を節約できますので、これらの手段を最大限使いつつ賢く完済を目指してくださいね。

プロミス 即日融資も可能【20~30代に人気】
プロミス
初めての方は最大30日 金利0円!
  • 実質年率 4.5%〜17.8%
  • 審査スピード 最短即日
  • 3項目入力で簡単3秒診断!
  • カードレス可能で郵送物なし!
  • Web完結可能で来店も不要!

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります